簡単!リールメンテナンスを方法を紹介!滑らかさを取り戻そう!

釣りにとってリールは魚を手元に引き寄せる重要な部品です。リールは釣りの間ずっと回転したり止まったりを繰り返し、部品同士の摩耗があるので、定期的なメンテナンスが必要です。今回は初心者の方にもリールのメンテナンスができるように動画も交えながらその方法とオススメイテムをご紹介していきます。

この記事をかいた人

アウトドア関連、特にキャンプに関するおすすめグッズやブランド、アウトドアファッション関連が得意分野です。「次のキャンプにはこれを持って行こう」と思えるようなアイテム紹介やライティング、画像選びを心がけております。

リールメンテナンスに必要なもの

リールの中には砂や塩粒、そして微細なホコリなどが溜まりがちです。また、内部のオイルやグリスも時間とともに劣化していくので、定期的に内部にあるオイルとグリスの拭き取りと注し替えが必要です。

純正オイル

オイルはリールの部品の潤滑性を高めて、その回転性能をサポートします。また、オイルは時間の経過とともに減少と劣化をしていくので、部品同士の摩耗を防ぐためにも定期的な拭き取りと注油が必要になります。

純正グリス

グリスはねっとりした粘性がある潤滑剤で、金属と金属の摩擦による摩耗を防ぎ、同時に防水効果もあるので海水や水によるサビも防ぐことができます。塗る際は綿棒などで塗り、塗りすぎに注意しましょう。

綿棒

細かいホコリや塩粒などを取り除くには綿棒が一番です。さらに綿棒でも女性のメイク用の綿棒が一番おすすめです。メイク用の綿棒だと先端が尖っているので、隅々までゴミを取り除くことができます。

工具

工具は①ドライバー、②メガネレンチ、③ピンセットの3種類です。①のドライバーはプラスとマイナスそれぞれに#00・#0・#1の3種類、②のメガネレンチは10mm、11mm、12mm、13mmの4種類、③ピンセットは使い慣れているものにしましょう。以上が基本的な工具になります。

リールメンテナンス時のオイルとグリスの使い分け方法

オイルとグリスはどちらもリールの潤滑性をサポートする役割がありますが、それぞれが最適な場所に塗ることが大切です。この章ではオイルとグリスについて、その機能と使い分けについてご紹介しきます。

回転数をあげるところにはオイルを注油する

オイルは潤滑性のなかでもさらさらで「滑りを良くする効能」に特化しているので、回転数を上げる場所、つまり回転数が命のギア部分に使います。ここでグリスを使用すると粘性によって回転数が減ってしまいます。

ギアがぶつかるところにはグリスを注油する

NEXT ギアがぶつかるところにはグリスを注油する