リールの下巻きの方法と結び方まとめ!下巻きをしてコスパを高めよう!

①メインラインをスプールに巻き付ける

一番初めに巻きたい長さのメインラインを巻き付けます。ここでのポイントはしっかりとラインに適度なテンションをかけながら巻き付ける点です。

テンションが掛かっていない巻き付けの場合、キャスト時にラインがぐちゃっと塊のように出てしまうトラブルの原因となります。メインラインの長さが決まれば、テープなどで仮止めしておきます。

②下巻きのラインを結束し巻きつける

先程巻き付けたメインラインの上に下巻き用のラインを結束して、巻き付けていきます。この巻き付け量が完成時のラインになるので、自分の巻きつけたい好きな長さを巻いていきます。

この段階で巻き付け過ぎてしまうと、最後の工程で巻きなおした際にメインラインが余ってしまうのでスプール最大容量よりも1mm程度余裕をもっておくと良いです。

③巻き付けたラインを再度巻き取る

下糸を巻き付けライン全体の長さが決まれば、メインラインと下糸を逆にしなければならないので、これを空のスプールに一度巻き取ります。先に下糸を空のスプールに巻き取り、メインラインの仮止めを剥がしてこちらも空のスプールに巻き取ります。

④力加減に気を付けて下糸・メインラインの順で巻き付けて完成!

先程下糸とメインラインを巻き付けたラインテンションと同じ要領で、巻き付けていきます。この力加減を変えてしまうと、せっかくぴったりと測ったラインの厚みが前後してしまうため、ここが要注意ポイントです。

何度も巻き付ける手間は掛かってしまいますが、ややこしい計算など必要とせずにぴったりと下巻きが完成です。

リールシートにテープは貼らないほうがいい!

ラインを固定する際やこぶを隠すためなどの場合も含めて、テープなどを使用するとベイトリールのスプールバランスを損ねてしまう可能性があります。テープの種類や厚みでも変わりますが、キャスト時の振動や飛距離に影響を与えます。

リールの重さが変わる

Mediamodifier / Pixabay

近年のベイトリールは各メーカーが競って軽量化を進めているほど、スプールの重量というのは重要視されています。テープは意外と重たく、その重量だけでもスプールのレスポンスを著しく下げてしまい、キャスト時の飛距離にも大きく影響を与えます。

回転がおかしくなる

固定するためにテープを一部使用すると、それだけでスプールのバランスが崩れる原因となります。スプールは高速回転するため、少しのバランスの崩れでも大きな影響が出やすくなり、キャスト時の振動に繋がります。

キャストフィーリングが低下すると飛距離や正確性がどんどん低下してしまいます。

下糸と道糸の結び方

嵩上げの意味合いが強い下糸ですが、シチュエーションにより下糸まで出てしまう時もあります。うっかりと適当な結び方をしていて切れてしまったりと悔しい思いをしないためにも、下糸と道糸はなるべく強く結んでおく事が必要です。いくつかのポイントに分けてご紹介します。

ナイロン同士ならブラッドノット!

出典:YGKよつあみ

ブラッドノットは強度が抜群で有名な結び方です。また結び目が小さいという大きなメリットがあり、これによりガイドの引っ掛かりが抑えられたりと、ライントラブルを軽減させる事ができます。ブラッドノットのデメリットは、極端に太さの違うライン同士では相性が悪く、すっぽ抜けてしまう可能性があるので注意が必要です。

NEXT PEとナイロンならFGノット!