キャンプに便利なおすすめガスバーナー15選|種類や選び方も解説

目次

ドラゴンフライは火力の調整がらくらく

MSRというガソリンのシステムを採用。火力の微妙な調整が可能なので、お料理の幅が広いです。MSRの中では煤があまり出ないため、旅行中にメンテナンスをせずに済みます。

おすすめのガスバーナー15選/⑮MSR ウィスパーライト インターナショナル

ウィスパーライト インターナショナルの基本スペック

出典:Amazon

Amazonで見る

値段:¥16,200
燃料:ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油
燃焼時間:110分(ホワイトガソリン600ml)
火力:約2772Kcal/h
重量:309g(ストーブ+燃料ポンプ)
付属品:ポンプ、ウインドスクリーン、簡単なメンテナンスキット、説明書、スタッフサック

ウィスパーライト インターナショナルは音が静かなので真夜中も使いやすい

こちらもMSRの、ガソリンが使えるシングルバーナー。ドラゴンフライに比べて音が静かですので、料理の時にどきどきしなくてすみます。ただ、細かな火力調整には不向きです。

厳選!ガスバーナーを使ったおすすめアウトドア飯

ジェットボイルでほっと一息

湯沸かしに特化したジェットボイル型なので、お湯を入れるだけで食べられるものが得意。アウトドア飯の定番、カップヌードルなんておてのものです。山のふもとについたら、コンビニで購入して山に持ち込めるので、そこまで荷物を軽くできるのも魅力。

また、温かい飲み物もすぐできますので休憩ポイントで時間をかけずに一服できます。ほかに、アウトドアショップをのぞいてみると、アルファ米や豚汁・リゾットなど、お湯を注ぐだけで食べられる食事がたくさんあります。

お茶やコーヒー

スティックに入ったコーヒーや紅茶・緑茶をコップに入れて、山頂で一息。登山中で一番幸せな時間を演出してくれます。

カップヌードル

煮込みの必要ないカップヌードルと、ジェットボイルの相性は抜群。器を用意する必要がないのもありがたいです。

材料:水 カップヌードル

作り方

お湯を沸かします。カップヌードルの蓋を開け、調味料があれば麺の上に乗せます。お湯を麺に注いで三分。すぐ美味しい。

☆個包装された調味料がないタイプならさらにお手軽、ゴミも減ります。☆キャンプのお手軽飯定番ですね

NEXT 一体型なら一人前煮込みが得意