ホッケをおいしく食べる焼き方|グリルやフライパンの簡単な方法

ホッケをおいしく食べる焼き方|あると便利な道具

ホッケなどの焼き魚の調理は、面倒になってしまうことがあるので、後片付けを楽にする便利グッズが売られています。魚がくっつかないように加工されたものや、時短調理ができるものがおすすめです。

ホッケを焼くのにあると便利な道具:魚焼き用ホイル

Amazonで見る

シリコーン加工が施されたアルミホイルなので、魚がホイルにくっつかず焼くことができます。いろいろなメーカーのものが売られており、トースターで焼き魚をグリルで温め直したい時にも大変便利です。

ホッケを焼くのにあると便利な道具:レンジで焼き魚ボックス

Amazonで見る

電子レンジを使って魚を加熱し、ふっくらと焼き上げる時短調理ボックスです。内部にシリコーン加工されているので、サッとはがれて魚の身が崩れません。レンジの庫内も汚さず、ボックスは連続して2回まで使用できます。

ホッケを焼くのにあると便利な道具:焼き魚がこんがり焼けるパン

Amazonで見る

焼き魚にちょうどいいサイズで、周囲の溝に酒や水を入れて蒸し焼きができます。溝に脂が落ちるので、魚が脂に浸らないのも魅力です。フッ素樹脂加工でお手入れがしやすく、ガスやIHの熱源に対応しており、焼け具合が見えるガラス蓋も付属しています。

ホッケのアレンジレシピをご紹介

焼いたホッケが残っている時には、アレンジしておいしく食べることができます。誰でも時間をかけずに簡単な材料で作ることができる、ホッケのほぐし身の持ち味を活かしたメニューをご紹介します。

ホッケの簡単混ぜご飯

大葉やみょうがは適量を細く刻んでおき、温かいご飯を用意しておきます。ボウルなどの容器にご飯を入れ、ホッケのほぐし身を加えて軽く混ぜ、さらに白ごまと大葉、みょうがを加えて均等に混ぜ合わせたらでき上がりです。

ホッケのサラダ素麺

きゅうりと大葉は適量を細切りにして、卵1個は錦糸卵にしておきます。素麺を茹でて流水で洗い水を切って皿に盛り、その上にきゅうりを散らします。さらに錦糸卵、ホッケのほぐし身、大葉の順にのせたらでき上がりです。めんつゆをかけていただきます。

NEXT ホッケはおいしくて優しい味わい