北海道では美味しいと有名なカスベってなに?実はみんな知っているアレのことだった|釣り方やレシピを紹介|

おすすめレシピ|煮こごり

カスベを水洗いし、ひと口大にカットします。臭みをとるために熱湯を回しかけます。お鍋にだし汁、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、スライスしたしょうがを加え一煮立ちさせたらカスベを加え、落し蓋をします。弱火でコトコト30分ほど煮たら水で溶かしたゼラチンを加え、タッパーや型に流し込み粗熱を取ります。冷めたら冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。型に流し込む前に骨やしょうがを取り除けは食べる時に面倒な手間が省けます。カスベの皮部分にはコラーゲンが豊富に含まれているので、ゼラチンを入れなくてもそのまま冷やせば固まりますが、少量加えることでしっかりとした煮こごりができます。お好みで使い分けてもよいでしょう。

おすすめレシピ|ムニエル

カスベを水洗いし塩コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶします。フライパンにバターを入れとかしたら、中火~強火で皮の面から焼いていきます。こんがり焼き目が付いたら、ひっくり返し、中火で中まで火を通します。裏面も焼き目が付いたら完成です。レモンやタルタルソースで頂きましょう。コリコリ、でもフワッとした食感でお酒が進んでしまいそうです。

おすすめレシピ|カスベのぬた

カスベを水洗いして皮をはぎぶつ切りにします。塩を適量加えよく揉み込みしばらくつけておきます。水が出てきたら軽く水洗い、水を切っておきます。水を切ったカスベにひたひたになるまでお酢を加え、一晩漬け込んでおきます。2,3時間でも大丈夫ですが、漬け込み時間はお好みでよいでしょう。その間に酢味噌を作ります。の鍋に味噌、みりん、砂糖を加えよく混ぜながら一煮立ちさせておき、火を止めます。カスベの色が白く変わったら、お酢から取り出し軽く絞って先に作った酢味噌と合えれば完成です。小ねぎなど薬味を散らすと色味が増します。お酒のおつまみに最適です。

まとめ

聞きなれないカスベという魚ですが、エイヒレとしては有名です。加工品以外では産地の北海道や東北でしかなかなか味わう事の出来ない珍味、一昔前に比べ個体数が少なくなってしまった今、カスベをもっと広く、日本全国で流通させるのは至難の業です。貴重なカスベを楽しみたいのであれば、現地に赴いて現地で釣りや食することに大きな意義があり、またカスベを通してその地域や人々とのつながりや交流が増えることを期待します。