高級魚!キジハタ釣りに必要な仕掛けや道具をご紹介

キジハタ釣り用ロッド

ロッドの選び方

キジハタは小さい場合はライトでも大丈夫なのですが、大きくなるとかなりパワーがある魚なので、パワーのあるロッドを選ぶことがおすすめしています。キジハタ釣りでは、ロッドは基本7~8フィートのロッドが使われています。港や防波堤では7フィート前後で、磯場では8フィート前後で選び、パワークラスはHでパワーのあるものを選びます。ロッド選びで悩んでしまったりする場合は、キジハタ釣りのために作られたロッドがたくさんありますのでそこから選びます。

キジハタ釣り用リール

リールの選び方

キジハタを釣るにはリールもパワーのあるものを選びます。スピニングリールとベイトリールがありますが、スピニングリールをおすすめします。ベイトリールは扱いが難しく、バックラッシュになりやすいので上級者向けです。キジハタはハードロックフィッシュなので、スピニングリールでは長さは0.6号~0.8号を150m以上巻けるのを選び、耐久性も重要でサイズ選びは2500以上がおすすめです。パワーのあるリールのほうが楽に釣ることができます。慣れてきた方や、パワーのあるものを使いたい方はベイトリールを使うとパワーがあるので楽に釣りを楽しむことができます。上級者になると場所や釣り方でリールを変える人も多く見られます。

キジハタ釣り用ルアー

ルアーの選び方

ルアー釣りではギジハタは人気の魚です。ルアーで釣る場合はキジハタが餌としている甲殻類(主にカニやエビ)で甲殻類に似せたクローワームがおすすめです。キジハタは一度捕食相手の頭を噛み弱らせた後に再度捕食する性質がある為、その性質を利用してルアー選びの際は少し大きめのフックを使用すると釣りやすくなります。キジハタは甲殻類を主に好んで食べていますが、イワシなどのベイトフィッシュも活発に食べます。そのためシャドウテールワームなどもよく食べますので、クローワームの食いつきが悪い時などはシャドウワームに付け替えてみると釣れる場合もあります。その場その場の状況によってワームを変えてみるのも楽しいでしょう。

キジハタ釣り用ライン

ラインの選び方

キジハタはイワシなどのベイトフィッシュを活発的に追って食べるため、遠投できるラインを選んだ方がキジハタを釣りやすいです。スピニングリールの場合は、PEラインが遠投もでき丈夫なので、ギジハタを狙う場合はPEラインがおすすめです。ベイトリールを使用する場合は、PEラインだと細くてバックラッシュになりやすいため、フロロカーボンラインをお勧めします。フロロカーボンは根ズレに強いく太いラインで耐久性が強いです。ベイトリールの場合は太いラインでも遠くに飛ばせるようにできています。逆にスピニングリールでフロロカーボンラインを使ってしまうと耐久力はあるが飛距離が伸びないので注意しましょう。

キジハタ釣り方のコツ

どうしたら釣りやすいの?

キジハタは磯場やゴロタなど障害物があるとこを好むので、投げ込むポイントは障害物のある場所を選びます。釣り方はリフト&フォールか、ただ巻きで狙うのが基本です。リフト&フォールのやり方は竿をあおってルアーを上げてゆっくり下げて誘う方法です。ただ巻きは投げ込んでからリールをゆっくり巻き上げながら誘う方法です。キジハタはかなり活発に狙ってくれるため、リフト&フォールやただ巻きで食いつかない場合は大きく竿を振って大きく動かすとことによって食いつく時があるので試してみましょう。魚をさらに食いつかせるにはイメージが大切です。自分が動かすルアーを生きもののように動かしてあげましょう。それだけで食いつきもかなり変わってきます。

キジハタの保存法

NEXT キジハタを釣ってからどうしたらいい?