石鯛について知ろう!釣りにおすすめの竿や仕掛けの選び方、料理のレシピも!

石鯛は岩礁などに生息する

海底が浅い岩磯などを拠点に生息している磯魚です。「石も砕く歯の魚」が名に入っている由来となる顎の強さと歯の丈夫さを活かし、磯に付着してある貝やウニ、甲殻類であるエビやカニを食し生活しています。

石鯛は好奇心の強い魚

非常に好奇心旺盛で魚類の中では珍しい種族です。漁の船やスキューバーダイビング等、海中に振動を加えても逃げずに近寄ってきたり、幼い個体は、波打際で鑑賞が出来たり、人間の体を突いてきたりと恐れ知らずです。

石鯛釣りをしよう|基礎知識

昔から荒魚の異名を持ち、熟練された釣り人達から一目を置かれてきました。また、男の釣りの代名詞とされる程、楽しみを与えてくれる釣りです。その一方で、難易度の高さから敬遠している方も多いでしょう。しかし、ある程度の知識を持っておくだけで釣りやすさは格段に向上します。

石鯛は釣りの人気ターゲット

釣りの面白さを学べ、釣った後の達成感を味わえる人気のターゲットです。その由来として、釣る仕掛けの単純さと、掛かった時の格闘、臨場感にあります。まるで、海に引きずり込まれそうになる力強さは、この魚ならではです。

石鯛は一年中釣れる

この魚を食すには秋から冬にかけてがおすすめですが、釣りやすい季節に特定はなく一年を通して楽しめ、そこも人気の理由です。主に春は、沖磯を中心に、秋が一番釣りやすいです。夏や冬は釣れなくはないですが、水温の問題がありますので場所を考慮する必要があります(冬の北海道は釣るのには向きません)。

石鯛は遠投釣りがメイン

釣り方は遠投釣りが中心になります。遠投で使用する竿は、穂先に重りで張りを作っているため、海底を探索する際に高い感度を実現出来、磯釣りに適しています。遠投釣りを用いる事で、ワンドの中等の潮の流れが緩やかなポイントを探す事で根掛かりも少なく良く釣る事が出来ます。詳しい釣り方に関する記事を下記に紹介します。

石鯛釣りをしよう|竿

引きの強うさが代名詞である事から、専用の釣り竿を使用します。釣り具店で購入する際は、知識がある専門の方が店内に少ない場所もあるので、必要な物品や選び方を頭に入れた状態で購入しに行く事をオススメします。

竿の選び方

竿の長さは釣りスタイルにより異なりますが、主に置き竿で行うケースが多い為、飛距離が稼ぎやすい5m以上の竿を使用します。練習次第では100m近く距離が出せるようになります。手持ちでは5m前後で十分対応出来るでしょう。下記にオススメの釣り竿を抜粋してご紹介します。

NEXT ①石鯛におすすめの竿|シマノ ロッド リアルパワー 石鯛 540置竿