コマイ(氷水魚)ってどんな魚?釣り方や美味しい料理を紹介します

羽幌港

留萌エリアにある羽幌港です。日中でもコマイ(氷水魚)が釣れると評判です。近くに駐車場、トイレ、コンビニがあるので大変便利です。

能取漁港

網走・紋別エリアにある能取漁港です。夏場はあまり釣れませんが冬場に氷の上から釣りが楽しめるのが人気です。大型のコマイ(氷水魚)が狙えるポイントですが、近くにトイレもコンビニも無いのが最大の難点です。

コマイ(氷水魚)が釣れる時間帯

コマイ(氷水魚)は夜行性なので、基本的には夕マズメ以降夜の時間帯によく釣れます。さらに言うと、深夜から朝方がよく釣れる時間帯ですね。夜の堤防は真っ暗ですから十分に注意してコマイ(氷水魚)釣りを楽しんでください。

コマイ(氷水魚)の釣り方

コマイ(氷水魚)の釣り方には、投げ釣り、堤防釣り、穴釣りの3つがあります。投げ釣りには投げ釣りの魅力、堤防釣りには堤防釣りの魅力、穴釣りにはアナ釣りの魅力がそれぞれあります。

投げ釣りでコマイ(氷水魚)を狙う

投げ釣りは、大物を狙う時におすすめです。30センチを超えるとオオマイと名前が変わるとご紹介しましたが、コマイ(氷水魚)と同じと考えて挑戦してみてください。コマイ(氷水魚)は群れで泳いでいますから、ポイントを探って投げた後にあたりが来たら、同じ場所に数匹いると思って何度かキャスティングしていきましょう。仕掛けやタックルは後ほど紹介します。

堤防釣りでコマイ(氷水魚)を狙う

お手軽にコマイ(氷水魚)を釣るならこの方法です。サビキの仕掛けを近くの釣り道具屋さんで購入してさっそく釣ってみましょう。ファミリーで楽しみながら釣るにもこの方法ならみんなで楽しめるのでは無いかと思います。餌が生餌なので女性の家族で虫などが苦手な場合は餌をつけてあげないといけないかもしれませんが頑張りましょう。

穴釣りでコマイ(氷水魚)を狙う

1番おすすめの釣り方は穴釣りです。もちろん冬限定です。竿はワカサギ釣り用のものと一緒で大丈夫ですので、餌のイソメをつけて氷に開けた穴からコマイ(氷水魚)を狙ってください。実は一番簡単な釣り方かもしれません。北海道の冬の風物詩ともなっていますので、ぜひ一度お試しください。

但し、十分にご注意いただきたいのは氷の上で釣るということを肝に命じてください。始めての場所で勝手に氷の上に上がるのは非常に危険ですので、絶対にやめてください。あらかじめ釣り場に設定されているところで釣るか、地元に方にお願いして案内してもらって釣り場まで行くかのいずれかを選択してください。厳寒の北海道で万が一、薄い氷を踏み落としたら死にも繋がる大惨事になりかねませんのでよろしくお願いしますね。

コマイの仕掛け

さて、1番のおすすめは穴釣りとご紹介しましたが、ここでは投げ釣りの仕掛けや餌について解説したいと思います。Honda釣り倶楽部さんの仕掛けの画がとてもみやすいので引用させていただきました。

餌は、ルアーでもできなくはないのですが圧倒的に生餌が食いつきがよいです。イソメか岩虫でよいのですが、大物を狙うならサンマの切り身を用意してください。大物のコマイ(氷水魚)、いやいやオオマイがヒットするに違いありません。

コマイ(氷水魚)の投げ釣りにおすすめのタックル

仕掛けは上図の通りいたってスタンダードですが、おすすめのタックルもご紹介しておきます。

おすすめのロッド

出典:楽天

ダイワの15 リバティクラブ サーフ T 25号-390・Kです。価格は8,014円(2018年9月21現在、楽天)です。価格が非常にお手頃だと思います。まずはこのロッドで試してみてはいかがでしょうか。

おすすめのリール

出典:楽天

ダイワのレブロス2500です。価格は、6,502円(2018年9月21日現在、楽天)です。こちらも値段は高くありませんがダイワのリールの軽量性を十分に感じられるモデルとなっていますのでおすすめです。リールはこだわる方はどんどん性能がよいものを求めていきますが、お財布と相談して選んでみてください。

NEXT コマイの一夜干しを自分で作る