ダッチオーブンのおすすめ10選!人気料理レシピやシーズニング・お手入れ方法もご紹介!

ダッチオーブンはキャンプで炭火料理ができる有能な鍋です。どんな調理方法もおいしくできるので、ダッチオーブンの人気は高いです。おすすめのダッチオーブンを始め、ぜひ作ってみたレシピもご紹介します。ダッチオーブンの正しい使い方や手入れ方法もチェックしてください。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

ダッチオーブンの魅力

キャンプギアとして長年愛されているダッチオーブン。黒光りする鉄製の武骨なデザインはアウトドア男子のロマンであり、機能性に優れいつもの料理をよりおいしくすることのできる魔法の鍋は、料理で妥協したくないアウトドア女子のあこがれでもあります。そんな素敵なダッチオーブンの魅力を見ていきましょう。

ダッチオーブンは魔法の鍋

ダッチオーブンは様々なお料理を可能にしてくれる魔法の鍋です。最近でこそ様々な素材のものがリリースされていますが、もともとは鋳鉄製のものが主流でした。どっしりとした存在感のある見た目に違わず、高い蓄熱性や保温性を実現してくれる構造により、食材にじっくりと均等に火を通すことができます。

食材が持っている水分による水蒸気が厚手の蓋と本体との隙間をぴったりと埋めるため、食材の水分を逃がすことなく、食材のうまみを最大限に引き出したお料理が可能となります。

キャンパーのあこがれ”ブラックポット”

ダッチオーブンが敬遠されがちな理由の一つとして、シーズニングをはじめとする手入れのの必要性があげられます。こうした作業は実際にダッチオーブンを扱っていない人にとっては煩わしかったり、難しそうに感じてしまう一因ですね。

しかしながら、実際に使っている人の中には、こうした”鍋を育てる”工程をむしろ楽しんでいる人も多いということも事実です。長年愛用することによって、黒光りした渋みのあるダッチオーブンは”ブラックポット”と呼ばれ、ダッチオーブンを使用しているキャンパーの憧れのアイテムでもあります。

ダッチオーブンの選び方

ダッチオーブンに限ったことではありませんが、、料理用のアイテムはその材質や加工、サイズによって機能性が大きく異なります。なので、よく知らない人にとっては、選ぶ際に必要な情報を抽出することができず苦労することも多いようです。

ダッチオーブンは調理器具として決して安いアイテムではありません。また、丁寧に扱い、手入れを怠らないことで、長年愛用することのできる一生もののアイテムです。選ぶ際にはぜひ十分な時間検討して最高の1つを選びましょう。

ダッチオーブンの素材は5種類

ダッチオーブンの素材は主に以下の5種類。もともとは鋳鉄製のものが主流ですが、最近では持ち運びやすさや手入れのしやすさなどを求めるニーズにこたえて、様々な素材での商品展開がされています。

鋳鉄

最もスタンダードな素材です。比較的リーズナブルな価格帯で購入できるものが多く、ラインナップも豊富です。最初はさびやすかったり手入れに手間がかかったりするものの、使用回数を重ねるうちに表面が油でコーティングされ、テフロン加工のように食材が焦げ付きにくい状態になってきます。長く使えば使うほど愛着のわく、育てがいのある鋳鉄製は、ダッチオーブンの定番です。

黒皮鉄板

製造過程で鉄板を圧延する際に鉄の表面に酸化被膜を作り出すことによって錆びにくく加工しています。コーティング系の加工とは異なるものですので、洗剤やたわしで洗っても簡単にははがれません。型に流し込んで成形する鋳鉄製とは異なり、一枚の鉄板から製造されるため、比較的強度が高く、温度変化にも強い素材です。

ダクタイル鋳鉄

ダクタイル(英語:ductile)鋳鉄は、「延性のある」という意味通り、強度や延性を強化した鋳鉄素材です。そのため、ヒートショックや衝撃への耐性が向上しており、強度がありながらも薄型・軽量のダッチオーブンデザインを可能としています。

ステンレス

ダッチオーブンの常識を覆したといわれる新素材です。面倒といわれがちなシーズニング、使用後の手入れが必要なく、洗剤を使って鍋を洗うことができるため、家庭の一般的な鍋と同様に扱うことが可能です。

ステンレス製ですので清潔・軽量・錆びにくいの三拍子がそろっているのはまさにダッチオーブン界の革命。蓄熱性も優れており煮込み料理や保温料理に向いています。他の素材と比べると高価ですが、性能は折り紙付きなので予算が合えば検討の価値は十分にあります。あえて言うならば、”鍋を育てる楽しみ”がないことが欠点でしょうか。

カーボン

カーボン製のダッチオーブンはあまり種類はありませんが、鋳鉄製のものと比較すると軽量ですので女性でも持ち運びやすいです。また、カーボンによる遠赤外線効果で熱が均等に食材にいきわたることが期待できます。ただし、鋳鉄などに比べて割れやすいため、取り扱いには注意が必要です。

ダッチオーブンのサイズの選び方

NEXT ダッチオーブンのサイズの選び方