カサゴって何種類いるの?毒の見分け方や美味しい料理をご紹介します

カサゴの毒棘処理

カサゴを釣って自分で調理する場合、毒棘処理が必要です。オニカサゴを例にすると、死んだ後も毒はそのままです。棘に刺さらないよう、まず新聞紙を広げ、もし切った瞬間飛んでも良いようにします。そして口をバス持ちして慎重に切ります。切った後は棘が出ないように新聞紙でくるみスーパーの袋などに入れて捨てましょう。

カサゴの美味しい料理

カサゴの素材そのままに

もしカサゴが釣れたり活魚でしたら、ぜひお刺身で食べてみてください!クセのない白身は年齢問わず大人から子供まで美味しく食べられます。お刺身だと淡泊で少し物足りないという人は、カルパッチョにするのもオススメです!!

カサゴにひと手間加えて調理

カサゴはそこまで大きくない魚なので、お刺身にすると正直量が少なめです。なので唐揚げにすると頭から全部食べられます。揚げるのでさばき方も気にせず調理できて楽ですね。ほかにも定番中の定番でお味噌汁もよくみますね。美味しい出汁が体に染みわたります。

時間があるならさらにひと手間を

調理時間はかかりますが、煮つけや塩焼きもオススメです。煮つけにしたら皮・骨の間の身など締まった身が甘いです。部分によっての味を楽しめます。塩焼きは丸ごと振り塩をして1時間程は寝かせてから、ゆっくりじっくり焼き上げます。柑橘類との相性も良く美味しいです。

魅力たっぷりなカサゴ

ここまでカサゴを色んな角度から見てきましたが、想像よりもカサゴが奥深くびっくりしました。釣り好きな人にも楽しめる身近な魚でもあり。食べても美味しく海を感じられる魚でもある。こんなにも人間と関わりがあり、親しみをもてるのだと改め実感しました。新たな発見ができるよう、これからも注目し続けます!