18リョウガは高感度とタフさが魅力!インプレやラインナップを徹底解説!

18リョウガはタフなリール!

もともとタフさが売りのリョウガですが、18リョウガにももちろん引き継がれています。超高剛性高精度マシンカットボディで、強靭なボディフレームが形成されています。過酷な使用状況でも、対応できるタフさが備わっています。どんな時でも、安心して身を任せることができるリールです。

18リョウガはパワーのある釣りができる

リョウガは、もともとパワーゲームが得意分野でしたが、ボディ構造やギアが改善されたことにより、巻き上げ力が向上しています。そして、このリールは高い剛性があるので、負荷が掛かり続けても耐え抜き、巻き上げることが可能です。

18リョウガのドラグは高性能でクリック音付き

リョウガのドラグは、オートマチックドラグシステムという通称ATDが採用されています。魚の引きに合わせて、ドラグが自動的にうまく機能するように作動します。これにより、ドラグに対して余計に気を遣わずに釣りをすることができます。

そして、一部のベイトリールにしかついていないクリック音が鳴る仕組みです。スピニングリールで糸が出るときに音が出ますが、リョウガもドラグが効いているときには音が出ます。耳でも、魚の引きを感じることができる機能です。

18リョウガのベアリングは海水に対応

出典:DAIWA

ダイワ独自の技術であるマグシールドボールベアリングによって、海水に非常に強くなりました。内部のベアリングの隙間をマグオイルで防ぐ仕組みで、ゴムパッキンをしないでも防水性を得る仕組みになっています。海水を防ぐことができるので、塩ガミ、サビが発生しません。そして、メンテナンス不要であることも、マグシールドの強味です。

18リョウガの品番表記を理解しよう

パワーファイトが得意なリョウガですが、さまざまな釣りに対応するために数種類のラインナップがあります。リールサイズが違ったり、ハイギアタイプがあります。見た目がほぼ同じなので、品番で確認する方が確実です。どのようなタイプがあるかを知っておくと、区別しやすいです。

18リョウガのリール表記について

ダイワのリールの品番には、商品のスペックを知る情報が含まれています。最初の2桁の数字がリールサイズ、後の2桁が丁度巻くとこができるラインの太さをポンドで表しています。リールサイズは、10=100番、15=150番となり、ともに100m巻けるということになります。

なので、1016の場合は、リールサイズが100番でナイロン16ポンドを100m巻くことができるという意味になります。次に続くアルファベットが、CCなら「クレイジークランカー(ギア比5.4)」、Hなら「ハイギア」となります。

品番の後ろについているLは左ハンドル

品番の一番後ろのLは、左ハンドルを表しています。Lがなければ、右ハンドルです。商品を実際に手に取って購入する場合は、ハンドルの左右による間違いは起こりにくいです。しかし、通販等の表記の情報のみで購入する場合は、品番の後にLがついてるかを確認しましょう。

リールのギア比に関してはこちら

NEXT 18リョウガのラインナップをご紹介|1016-CC/1016L-CC