18リョウガは高感度とタフさが魅力!インプレやラインナップを徹底解説!

18リョウガのラインナップをご紹介|1016-CC/1016L-CC

1016は、ナイロン16号を100m巻くことができる100番サイズという表記です。そして、CCはギア比が5.4というローギアタイプという表示になり、ハンドル1回転で57cm巻き取ることができます。巻かれている糸の量によってスプール径が変わり、糸巻量も変化するので目安としてお考え下さい。

1016-CCの特徴と向いている釣り

CCはクレイジクランカーの略ですが、バスフィッシングで使われるクランクベイトというルアーを巻くのに適したギア比という意味が、含まれています。ハンドル1回転の糸巻量が少ないので、ゆっくりと巻きたいときに相性がいいです。

また、抵抗が大きくても軽い力でハンドルを巻くことができるのも、ローギアの強味です。クランクベイトやスピナーベイトから大きいサイズのルアーを扱うことができ、抵抗が強めなルアーにも対応可能です。抵抗が弱いルアーでも、リョウガによる巻き感度の恩恵が受けれます。バスフィッシングの巻き物で活躍する1台といえます。

18リョウガのラインナップをご紹介|1016H/1016HL

ナイロン16号を100m巻ける100番サイズで、Hがついているのでハイギアタイプになります。目安で、ハンドル1回転あたり67cm巻くことができます。CCと比べると10cmの差ですが、キャストしてからハンドルを巻く回数をイメージすると、大きな違いがあることがわかります。

1016Hの特徴と向いている釣り

ハイギアの回収スピードの速さを活かして、カバー撃ちをテンポよく行うことができます。距離がある対岸への撃ち込みでも、有効に活用できます。また、魚にルアーをゆっくり見られないようにする「高速巻き」という技が行いやすいギア比といえます。

バスフィッシングでは、カバー撃ちで使用するテキサス、ラバージグなどを快適に扱うことができます。リョウガの感度の良さを活かした、巻き抵抗が少ないルアーの早巻きも相性がいいです。他には、目がいいシーバス相手に高速巻きでアプローチすることができ、掛けたあとはベイトリールのパワーで取り込むことができます。

18リョウガのラインナップをご紹介|1520-CC/1520L-CC

1520は、ナイロン20号を100m巻くことができるサイズが150番のリョウガです。CCなのでギア比が5.4のローギアで、ハンドル1回転で、61cm巻き取ることができます。1016-CCより、太い糸を巻くことができて、より重量があるものを扱いやすいモデルです。

1520-CCの特徴と向いている釣り

重めで引き抵抗がある、ビッグクランクのようなリップが大きいルアーが巻きやすいです。また、重量があって、ゆっくりと動かすビッグベイトも扱いやすいです。海では、魚に対してスロー気味なアプローチをする釣りに適しています。シーバスだと、シンキングペンシルやミノーのスロー巻きに対応します。

18リョウガのラインナップをご紹介|1520H/1520HL

150番サイズのハイギアタイプのリョウガです。ハンドル1回転の巻取り量は、71cmと多くの糸を巻き取ることができます。重量があるものを動かせて、大型魚とも戦える巻取り力があるタイプです。

1520Hの特徴と向いている釣り

ブラックバス相手では、大き目のビッグベイトから、ジャイアントベイトといわれる非常に大きいルアーを使用することができます。回収の速さをいかして、大きめでリップが小さいルアーの高速巻きにも対応します。

海では、真鯛や太刀魚、小型の青物などをターゲットとしたライトジギングに適したリールです。扱えるジグの重さの範囲が広く、深場にジグを落とし込んだ後でも、素早く回収することができます。大物が掛かっても、主導権を渡すことなく戦うことができます。

NEXT 18リョウガを堪能しよう