ピエロ恐怖症って何?その原因や診断方法・克服方法をご紹介します!

ピエロ恐怖症の症状は様々

ピエロ恐怖症の症状としては、心臓の拍動が自分で分かるほど高まったり、変な汗が出てきたり、不安に襲われたり、道化師に対して激しい嫌悪感が生じたり、緊張が高まったりします。それでは、道化師にまつわるどのような状況でそのような症状が起こりえるか、また他にはどのような症状があるかいくつか述べていきます。

白塗りだけでも反応してしまう場合もある

白塗りは時折無機質な雰囲気を相手に与えます。道化師の感情が読み取りづらく、強く恐怖として残ってる場合も多いです。また、道化師にまつわる他の要因で恐怖を受けたとしても、その時の白塗りのインパクトが強く残ってたりすることで、道化師でなくても白塗りの顔を見ると、反応してしまう場合もあります。

倒れてしまう人もいる

中には重度の症状だと、ピエロを見て気を失って倒れてしまうケースや、泡を吹いてしまうケースまであります。ここまで来てしまうと、生活に支障をきたす程の申告な状態といえるかもしれません。

イラストにも反応してしまう

実際の人間が道化師の恰好をしてる場合だけでなく、動く生命体でない道化師のイラストにすら反応してしまう場合もあります。また、さらに深刻な場合は道化師のイラストを直視すらできない場合もあるそうです。

ピエロ恐怖症の原因は幼いころのトラウマが多い

ここでは、実際に幼いころのトラウマからくるピエロ恐怖症について深く掘り下げていきたいと思います。幼少期のトラウマがその後の人生にどのように影響をあたえることがあるか、またどのような原因からトラウマになることが多いのかを解説していきたい思います。

三つ子の魂百まで続く

幼少期の体験は、心の深層で潜んで無意識の行動に影響を与えていたりします。また、ふとしたことで過去の恐怖体験がフラッシュバックして恐怖の感覚を疑似体験してしまったり、またそれが持続的に繰り返されるようになる危険性もあります。恐ろしくて蓋をして忘却してしまってたもので、突如その蓋が再び開いてしまうこともあります。

ピエロは表情が読み取れない

道化師のメイクで多いのは笑顔です。どんな場面でも笑顔でいられれば、人は表情から相手の感情を推測しづらく、不気味に感じてしまったりします。メイクというものをあまり認識や実感できていない子供なら、なおさら理解に苦しんだり、混乱する可能性があります。なので幼少期のそういった要因等がトラウマの原因になってる可能性も高いです。

ピエロ恐怖症の診断方法はあるのか

結論から言うと、実際にピエロ恐怖症の診断方法はあります。身近な物でもご自身で診断できる可能性がありますので、機会がありましたら、これから述べるようなものでご自分で確認してみるのも良いと思います。

NEXT 身近のイラストなどを見て怖いと感じる