高級魚メイチダイの産地や釣り方は?おいしいレシピもチェックしよう

みなさんは、メイチダイと言う魚を聞いたことがあるでしょうか。あまり聞いた事がないという人も多いと思いますが、釣り人も憧れる、超高級魚なのです。ここでは、メイチダイの生態や、時期、釣り方、レシピまでを紹介していきたいと思います。

この記事をかいた人

メイチダイの生態と地方名

メイチダイとはどういった魚なのでしょうか。メイチダイと呼ばれる由来や、生態や、生息水域、また、地方ではどのように呼ばれているのでしょうか。ここでは詳しくメイチダイという魚について、調べてみました。

メイチダイの生態

メイチダイは、学名をGymnocranius griseusと言い、鯛の仲間ではなく、スズキ目フエフキダイ科の一種で、目一鯛と書き、目に一筋の帯が入っている事から、このような名前になっています。
漁獲量が少なく市場に出回る事が少ないのですが、美味しいことから、超高級魚とされています。大きい物は1キロ4000〜5000円で取引されます。海水魚で、水深100メートル程の浅瀬に生息し、小さな魚などを捕食しています。産卵期は夏から秋にかけてとされています。

メイチダイの地方名

メイチダイには様々な地方名が存在します。名古屋ではイチミダイ、三重県ではメイチャ、熊本ではタルメなど呼ばれています。ちなみに三重県のメイチャはあばたを指す方言で、これが訛って名前がメイチダイになったという説もあります。この他にも色々な所で色々な呼び方をされているので、興味のある方は調べてみてください。

フエフキダイ科の仲間

メイチダイも属するフエフキダイ科は、現在5種39種が見つかっていて、具体的には、メイチダイ属の他に、コケノコギリ属、ノコギリダイ属、フエフキダイ属、ヨコシマクロダイ属がいます。メイチダイ属だけでも、シロダイやサザナミダイなど、8種類存在します。

メイチダイの特徴

最大40センチ程にもなる、白身の魚で、形は真鯛にも似て、左右に平たい卵形をしているのですが、真鯛と違うのは、先程も記述しましたが、目に一筋の褐色の帯状の線が入っているのが特徴です。
体の色は生息場所によって、多少異なるのですが、青紫のような銀灰色をしています。幼魚の時は体にも帯状の縞模様が入っているが、成魚になると薄れてきます。歯は顎の前部が犬歯状になっています。

メイチダイの臭い

メイチダイは目の周りの脂に、独特の臭いを持っています。目を潰してしまうと、その臭いが全体に回ってしまう為、マズくなるとされていますので、捌く際、釣って持ち帰る際には注意しましょう。クーラーボックスの中がその匂いで充満してしまったら、他の魚にも移ってしまいそうですね。
美味しく、高級なメイチダイですが、この臭いを嫌って釣れても捨ててしまう人もいるそうです。もともと知る人ぞ知る魚なので、美味しく食べられる事を知らずに捨ててしまう人もいるでしょうが。具体的にはカルキ臭のような臭いだと言われています。ですが、実際はこの目の周りも美味しいです。

メイチダイの生息域、産地

メイチダイは、西日本寄りの太平洋沿岸各地で獲れ、三重県や大分県、長崎県などで、水揚げされます。比較的、温かい水温の場所を好む為、本社中部より南寄り、オーストラリアにまで生息しています。日本でも、北の方ではあまりお目にかかれないので、一度食してみたいと思う方は、南の方で探した方が良いかもしれません。

メイチダイの旬、時間帯

旬は、産卵期である夏から秋にかけてが、脂がのって美味しい時期です。一般的な白身魚は、この時期旬の物は少ないのですが、珍しいですね。旬の時期のメイチダイは、脂ののりがすごく、切ったら包丁がベタベタになるぐらいです。お腹の中から、牛脂のような脂の塊が出てくることもあります。
夏の夜釣り、または、明け方にかけて釣り上げられる事が多いです。旬の時期は脂がのって美味しいですが、旬の時期以外はかなり淡白な白身なので、物足りなく感じる方もいます。なのでやはり、狙うなら旬の時期を狙いましょう。

メイチダイの釣り方

NEXT メイチダイの釣り方