七輪のおすすめ15選!BBQコンロよりもおいしくなる秘密も解説

練り物七輪とは

切り出しタイプ同様に珪藻土から作られている七輪になります。しかし、素材は同じですが製法が異なり、丸ごとの珪藻土から切り出す切り出しタイプとは違い、一度珪藻土を粉砕し、機械で押し固めてから成型するタイプの七輪になります。そのため、コストは切り出しタイプよりもはるかに安く仕上がります。

また、長期間の使用には不向きという特徴も併せ持っています。数回の使用であればこなしてくれますが、今後とも長い目で使用したいと考えているのであれば、耐久性を考えて選んだほうがいいでしょう。重さは若干切り出しよりも重いですが、お手入れには便利といわれています。

料理に使うなら長方形の七輪が良い

一般的イメージでは形形状が最も印象強いかと思いますが、実は長方形タイプもあります。丸形は湯を沸かすしーんでは適しており、調理で頻繁に使用するのならば長方形の方が便利です。長い食材を焼く際にははみ出ることがなく、同時に量を焼くことができるからです。

七輪の選び方

七輪のタイプ別で特徴と把握し、メリットや扱いについてもイメージがわいてきたところで次は自分に最適モデルの選び方も把握しておきましょう。一言では言い表せないほどの種類があり、自分に合っているものを見極めるのは大変です。選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

タイプで選ぶ

まずはタイプで選ぶことです。切り出しタイプか練り物タイプか、また形状は丸型か長方形かと色々なタイプで選ぶ必要があります。特に調理で高頻度での使用を考えているのならば長方形型の切り出しの方が長い目で見た時はおすすめでしょう。数回の使用しか考えていないのであれば、練り物タイプでもよいでしょう。

利用人数で選ぶ

利用する人数も選ぶ際のポイントです。人数に適したものを選ばなければみんなで料理を囲むにも不便ですし、過剰な大きさすぎて火を起こすにも大変な思いをする可能性も生じます。そうならないためにも人数に適したタイプを選びましょう。

少人数であれば、小型の丸型から家族利用にも対応できるサイズの角型でもいいでしょう。サイズは20センチから30センチの長さが目安となります。大人数の場合であれば、角型で45センチ以上を有しているほうが、料理をみんなで楽しむことができるでしょう。

焚き火の楽しさに関する記事はこちら

おすすめの切り出し七輪(長方形)5選!

選び方のポイントを抑えることができたところで、おすすめの七輪を紹介していきましょう。とはいえ、色々なタイプがあるので、まずは切り出しタイプの七輪からピックアップしていきます。

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 長角30号 網付き 

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 長角30号 網付き 【1回分の炭付き】 石川県産

Amazonで見る

一つ目に紹介するのがこちらの切り出し七輪です。耐熱性、強度共に優れた性能持つ珪藻土から作られた七輪で、底面には滑り止めとテーブル傷防止のシリコン製丸足を装備しており安定性もよく安心して使用できるのがポイントです。

家族利用にオススメサイズ!手入れも楽々で便利!

利用対象が2人から4人を考えているので家族での利用には大変おすすめといわれています。また、お手入れも楽で水吹きをして乾かすだけでいいので、長く愛用を考えている人にも手間が少なく楽しむことができます。

スペック・詳細

  • サイズ:幅31.5cm × 奥行18cm × 高さ17cm
  • 重量:4.5kg
  • 素材:珪藻土
  • 仕様:一回分の調理に使えるオガ炭セット
NEXT 飛騨コンロ 特大 大名コンロ