もふもふの見た目で大人気!アンゴラウサギの生態や飼い方まとめ

アンゴラウサギは、上質な毛が取れることで以前は毛皮が手袋やマフラーに使われていました。しかし、もふもふの毛が話題となり、今やペットとして大人気となっています。この記事ではその生態や飼い方を徹底的に紹介していきます。

この記事をかいた人

車中泊できる車で色んな所に旅に出たい今日この頃。綺麗な景色をみるのが好きです。

アンゴラウサギとは?

アンゴラウサギはカイウサギの一種で全身の毛が長いのが特徴のウサギです。その毛は織物の材料としても非常に人気が高いです。採毛の為に毛が長く伸びるように改良されていて世界各国で独自の品種が作られていました。

世界一毛の長いウサギ

アンゴラウサギは世界で一番毛が長くなるウサギと言われていて、毛が伸びすぎると見た目がももふもふとした毛玉の様になります。長くてフワフワとした綺麗な毛が特徴的なウサギで、比較的サイズが大きいウサギです。

可愛らしい見た目でペットとしても人気に

その可愛らしい見た目や長い体毛を生かした見た目のアレンジが可能な事から、SNSなどでも写真の投稿が多くありペットとしても人気も高まっています。

ウサギは他の動物とは違い鳴く事がなく静かなのでアパートなどでも隣人に迷惑をかけずに飼えるのも人気の一因です。可愛らしい動物について興味のある方はこちらの記事も合わせてお読みください。

一般的なウサギとアンゴラウサギとの違い

一般的なウサギとは違って採毛用に毛が長く伸びる品種の為、小型のウサギと比べると多少見た目や大きさが異なっています。また体毛が普通よりも長く伸びるのが特徴で毛の増減次第で見た目が大きく変化します。

大きさ

大きさは品種ごとに変わってきますが体長約40㎝で、一般的なウサギに比べると少し大きめのサイズになっています。また、毛量が多いウサギなので毛が伸びた状態での見た目は実際の体長より大きく見えてしまいます。

重さ

小型のドワーフウサギなどは体重約1㎏程度まで成長しますが、アンゴラウサギは約3㎏で大きい種類だと4㎏を超えて成長する品種もいます。また体毛の長さがとても長いので毛の量によっても重さの多少の増減があります。

寿命

3dman_eu / Pixabay

寿命は一般的なウサギと同様で平均して5年前後で個体によっては10年以上も生きるものもいます。ウサギはデリケートな生き物なので毛の手入れをきちんと行い病気や怪我に注意して大切に育てることが長生きの秘訣です。

アンゴラウサギの種類

NEXT アンゴラウサギの種類