キャンプツーリングの道具はこれだ!選び方から積載方法まとめ

キャンプツーリングにオススメのシュラフは?

キャンプツーリングにおいては睡眠の快適さは安全運転にもつながるため重要な要素です。オススメのシュラフはコンパクトに収納できるダウン素材のマミー型がオススメです。ただしダウン素材は汚れや湿気に弱いため小さなテントで壁に密着せざるを得ず、内面の結露が気になる場合などはシュラフカバーをつけた方が良いでしょう。

キャンプツーリングにオススメのマットは?

快適な睡眠のためにはスリーピングマットは絶対に必要です。地面状態に関わらずフラットに眠る事ができ、地面からの冷えも遮断してくれます。コンパクトさを求めるツーリングキャンプでは空気を入れて使うインフレータブルタイプが良いでしょう。

ただし空気注入式のものは焚き火の飛び火などで穴が開いて使えなくなるケースがあるので、焚き火の横で眠りたい人などは折りたたみ式のフォールディングマットを選択すると良いでしょう。空気注入式のものよりかさ張りますが、薄目のものを選べばある程度コンパクトに収納できます。

キャンプツーリングではコットもあると便利

また、簡易的なベッドとしてマットの代わりにコットを利用するという手もあります。持ち運びも簡単で荷物置きやベンチとしても使えるので、チェアを省いてコットだけを持っていくという手も考えられます。

キャンプツーリング道具にオススメのライト・ランタンは?

ライト・ランタンは2wayタイプがオススメ

夜間の明かりのためのライトやランタンも必須のアイテムとなります。ランタンはガスボンベを使うタイプや液体燃料を使うタイプもありますが、手間や機能を考えると電池式のLEDタイプがベストです。またLEDのタイプなら形状を変形させる事でハンドライトとしても利用可能なものが多くあり、懐中電灯との2way利用が出来ます。

ソロキャンプではヘッドライトがあると便利

また、キャンプツーリングではソロキャンプとなる場合も多いかと思います。作業を一人で行う必要もあるため両手が使えるようにヘッドライトも用意しておくと大変便利です。足元や手元を照らせれば良いので、軽量型のバッテリー一体型のタイプで十分です。

キャンプツーリング道具にチェアやテーブルは必要?

キャンプツーリング向けのチェアは?

荷物をできる限り減らしたいキャンプツーリングですが、チェアやテーブルもあった方が絶対に便利です。チェアがあるのとないのでは快適さが全く違います。キャンプ向けのチェアはかなり多くのバリエーションがありますが、なるべく軽量でコンパクトなもの、できる限りテーブルの高さにあったものを選ぶという点が重要な選択基準となります。

キャンプツーリングにもテーブルはあると便利

調理や食事を楽しむには、テーブルも必ず必要です。ライダー向けの1キログラム以下のコンパクトなサイズのものも多く発売されています。調理に利用する場合は必ず耐熱性のものを選びましょう。調理をしない場合でも、所持品の汚れ防止や虫除けにも役立ちます。

NEXT キャンプツーリング道具にオススメの調理器具は?