高級魚オニカサゴの特徴から釣り方まで!今年は鬼釣りへいこう!

ライン(道糸)

ライン(道糸)は、船釣りで一般的なPE4号から5号のものがおすすめです。PE素材のラインは、ナイロン製のものよりも強度が高いので、海底を探っても切れにくくなっています。また、細いのでアタリを敏感に感じることができます。

釣り方③ エサ

おすすめはサバ・イカ

オニカサゴは、動きのあるエサに興味を示します。たとえば、サバの切り身は皮が輝くので、動きが見えやすく、オニカサゴの興味を引くことができます。また、イカの短冊は色が白く目立つので、やはりオニカサゴにアピールできるエサだといえます。

エサのつけ方

オニカサゴ釣りでは、仕掛けを動かすことが重要です。動きをつけることで、オニカサゴの興味を引くことができるからです。エサのつけ方にも同じことがいえます。おすすめのつけ方は「ちょん掛け」です。エサとなる切り身を短冊状にカットし、先端部分に「ちょん」と針を引っ掛けます。こうすることでエサが水中でひらひらと動き、オニカサゴにアピールできるようになるのです。

釣り方④ 仕掛け

仕掛けの全体像

いよいよ仕掛けの説明に入ります。最初に、仕掛けの全体像を解説します。海底にいるオニカサゴを狙うので、根魚向けの穴釣りの仕掛けをイメージすると分かりやすいです。ロッドからのびるライン(道糸)の先には、テンビンとオモリをセットします。テンビンの先には、ハリスと釣り針をセットします。全体的には「沈みやすく切れにくい仕掛け」を目指していきます。

テンビン

では、詳しく見ていきます。まずは、仕掛けとライン(道糸)をつなぐテンビンについてです。テンビンとは、仕掛けと道糸が絡まらないように、その間にセットする道具です。固定式と遊動式に分かれますが、オニカサゴを釣るときは固定式がおすすめです。海底を叩いてオニカサゴを探れるように、安定性に優れた固定式が向いているのです。

固定式のテンビンは、片テンビンとも呼ばれます。テンビンの両端を、仕掛けと道糸にそれぞれ直接結び付けます。オニカサゴは海底に生息しているので、仕掛けが沈みやすいように重めのものを使いましょう。号数でいうと、40号から50号くらいのものがおすすめです。

オモリ

次に、テンビンにセットするオモリについて見ていきます。海底に生息するオニカサゴを狙えるように、重めのものを選ぶのがおすすめです。号数でいうと、平均的には150号くらいです。深めの釣り場であれば、およそ200号を上限にしてさらに重いものを選びましょう。形状は、海底を叩きやすいナス型や釣鐘型が向いています。

ハリス

ハリスとは、釣り針に直接結びつける糸のことです。おすすめは、フロロカーボン製のものです。フロロカーボン製のハリスは、比重が高いので沈みやすく、強度も高くなっています。その一方、伸縮性が低く、魚のアタリが伝わりやすいという特性もあります。オニカサゴ釣りでは海底を探るので、「沈みやすい・切れにくい・アタリが分かる」の三拍子を押さえたフロロカーボン製のハリスがおすすめなのです。

オニカサゴを釣るための針には、ムツ針を使いましょう。ムツ針は、ひらがなの「し」のような形をしています。針先が大きく内側へ曲がっているのです。この形状は「ネムリ」とも呼ばれ、オニカサゴのような針を飲み込みやすい魚に向いています。ネムリ形状のおかげで、針を飲み込まれても奥で引っ掛からず、口元までスライドして戻ってくるのです。そのため、エサを飲み込まれることを防ぐことができます。

NEXT 二本針

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です