大阪で釣りを楽しもう!おすすめ釣り堀&釣り場、釣り船、釣具店の情報特集!

目次

夜釣りでの集魚灯の使用の可否は?

夜釣りでの定番アイテムといえば、集魚灯です。釣果に直結するアイテムですが、釣り場のルールによっては使用がNGな場所もあります。基本的に釣り堀でナイター営業を行っている場所は、集魚灯の使用を禁じている釣り堀もあります。ルールがよくわからないときは、釣り堀スタッフに聞いてみましょう。

大阪エリアの漁港や堤防などの天然の釣り場では、集魚灯が使用禁止になっている場所は少ないといってよいでしょう。そのため集魚灯の使用が制限されている可能性があるのは釣り堀のナイター営業での夜釣りの場合が多いということになります。

大阪府のおすすめ釣り場をご紹介!

ここからは、大阪エリアにあるおすすめの天然釣り場を紹介します。釣り堀とは異なり、自然の中に生息する魚との駆け引きは、生簀の中の釣りとはまた異なる楽しみがあります。釣り場によって狙い目の魚も異なってくるため、自分のターゲットにしている魚に合わせてポイントを決めましょう。

大阪府のおすすめ釣り場① 海釣り場5ヵ所

まずは、大阪エリアにあるおすすめの海釣り場を5つ紹介します。ご存じの通り大阪湾が広がっている大阪府には、漁港や防波堤がいくつも存在し、おすすめの釣り場となっている場所も数多くあります。

大阪府のおすすめ海釣り場1. りんくう公園裏テトラ

りんくう公園裏テトラの情報① 釣りのしやすさ

りんくう公園裏テトラポイントは、大阪府泉佐野市りんくう往来北にあるポイントです。関西空港連絡橋の橋げた部分にあるテトラポッド帯が釣り場になっています。

常夜灯があり夜釣りにおすすめ

常夜灯は夜釣りにとって強力な武器になります。光の周りに魚が集まってくるため、常夜灯周辺は常に人気スポットです。りんくう公園裏テトラにも常夜灯が備え付けられているため、夜釣りにはよい環境が整っています。

トイレや駐車場有

釣り堀ではありませんが、トイレや駐車場も完備されているのは釣り人にとってはありがたい設備です。特に駐車場がない場所は、どうしても路駐になってしまい、ドライバー同士のトラブルや駐禁を取られたりするリスクがあります。そのような心配がないのもおすすめポイントです。

りんくう公園裏テトラの情報② 水中の状況

りんくう公園裏テトラは、テトラポッド帯が数キロにわたって広がっており、テトラ周辺に魚が集まっています。透明度はあまり高くありませんが、水中には小型、中型魚が群れを成して泳いでいます。

テトラ周辺は根魚狙い

水中の状況は、テトラ周辺に根魚やアジなどの小型魚が集まっています。ルアーやアジングなどでテトラ周辺を狙えば、比較的安定して根魚全般や、アジ・イワシ等を狙えます。また夜釣りではルアー釣りも人気です。

大型のチヌは橋げた付近に

アジやイワシ等の小型魚はテトラ帯を中心に回遊していますが、チヌやシーバスといった中・大型魚は関西空港連絡橋の橋げた付近を回遊しています。テトラ帯から少し遠投を行えば、チヌ・シーバスも狙えます。

りんくう公園裏テトラの情報③ 狙い目の魚

りんくう公園裏テトラでの狙い目の魚は、1年十狙える魚としては、チヌやカサゴ、根魚全般が挙げられます。餌釣り、ルアー釣りどちらの釣り方でも安定した釣果をあげている釣り場となっています。

根魚やチヌ系は1年中

りんくう公園裏テトラでのメインであるチヌや根魚は1年中安定して狙えます。チヌ幼魚はテトラ付近、チヌ成魚は少し沖合にキャストするのがポイントです。また根魚はテトラ付近に集中している傾向があります。

季節限定でカレイやイカも

根魚やアジは通年で安定した釣果が上がっていますが、シーズン別にみると、カレイやアオリイカの釣果もあります。カレイは主に冬場がベストシーズンです。テトラ帯からある程度の遠投は必要ですが、沖合の海底に潜んでいるカレイを狙えます。また、夏は産卵のアオリイカのベストシーズンでもあります。

NEXT りんくう公園裏テトラの情報④ 駐車場・アクセス方法