テクノブレイクはオナニーが原因で死亡?!本当に起こるの?女性は?

現代を生きる若者は注意

nvtrlab / Pixabay

よくも悪くもインターネットとスマホが普及してしまった現代ですが、今回のようにガセが混ざった情報が飛び交っています。良かれと思っていたことが逆に危険だということもざらにあります。上記ふたつのどちらの条件も満たした現代の若者は注意です。

つまるところ現代の環境は、どこでもいつでもオナニーをすることができてしますのです。これによりテクノブレイクで命を落とすものが増加するそうです。この記事でもなんども言いますが、何事もやりすぎには注意が必要です。

テクノブレイクと似ている腹上死とは?

ではここで前述していた腹上死について詳しく説明していきます。医学的に言うとテクノブレイクも腹上死のひとつとされているので、切っても切れない関係をもっています。ここではこの二つの差別化を図る意味でも別のものとします。

テクノブレイクと違い、セックス中に死ぬのが腹上死

sasint / Pixabay

ものすごく端的に言うと、オナニーで死んでしまった場合はテクノブレイク、セックス中に死んでしまった場合は腹上死となります。読んで字のごとく、誰かのお腹の上で死んでしまうことから腹上死と称されています。

テクノブレイクと同じく元々の持病があると腹上死しやすい

qimono / Pixabay

テクノブレイクと腹上死の原理はまったく同じで、違うのは運動量と誰かがいるかいないかだけです。興奮や運動量により血圧が上がり、持病が誘発されてしまうといった原理なので、セックス中に死んでしまう腹上死も持病があれば死の確率は上がってしまいます。

腹上死は不倫で起こりやすい?

そして腹上死してしまった方の75%は、配偶者がいて別の異性との行為中に亡くなっています。つまり不倫や浮気での性行為は危険ということです。死ぬ死なない以前の問題で、道徳的にも人間としても不倫や浮気はしない方がいいでしょう。

テクノブレイクのフィクションにおける扱い

Engin_Akyurt / Pixabay

テクノブレイクという言葉が普及してしまったせいで、ネット上での扱いはかなり軽いものとなってしまっています。そしてそれは創作物のなか、つまりフィクションでも扱われるようにまでなっています。どのように扱われているか少しだけ紹介いたします。

テクノブレイクは主にネタとして扱われる

TeroVesalainen / Pixabay

最近のアニメや漫画では異世界ものとよばれるジャンルが人気を博しています。現世で死んだのに、異世界(ゲームなどのファンタジー世界)に生まれ変わっているといったものです。その最初の死因などでテクノブレイクが扱われることもあります。

ようするにネタとして扱われることが多く、ネット上では半分おもちゃ扱いなのも否めません。まぁもともと造語なので問題はないですが。ちなみに異世界ファンタジーで最も人気な作品の一つ「Reゼロ」に関する記事がありますので気になった方はこちらです。

テクノブレイクの恐れすぎもNG?オナニーのメリットとは

giselaatje / Pixabay

ここまでテクノブレイクのことを見てきて、死ぬ可能性があるならオナニーなんてするべきじゃない、と思った方は恐らく多少はいるでしょう。しかしそうはいっても勝手にあふれ出るのが問題といっても過言ではない性欲です。

いくら分かっていても本能には抗えません。そんなオナニーですが、実はメリットもたくさんあります。なにも悪いことだけではありません。ではオナニーにどのようなメリットがあるのかまとめてみたのでご覧ください。

オナニーのメリット①前立腺がんの予防

www_slon_pics / Pixabay

死ぬ可能性があるオナニーには、死ぬ可能性がある癌の予防にもなるのです。男性の方は気を付けなければならない前立腺がんです。これは射精回数が多い男性と少ない男性とでは、前立腺癌になる可能性が明らかに違うという研究結果が出ています。

癌の元となる不純物などが、前立腺のまわりにあることが原因となるのですが、射精によりこの物質を排出することがわかっています。また射精することにより、普段は動かない筋肉や海綿体が動くことが、がん予防になるそうです。

NEXT オナニーのメリット②早漏改善