チニングジグヘッドを選ぶ時に押さえておきたいポイント解説&おすすめジグ10選!

チヌ(クロダイ)をルアーで狙う大人気のチ二ング。季節や時間帯、釣り場などに合わせ、いろいろな種類のルアーでチヌを狙います。ここではそのルアーのひとつ、ジグヘッドの選び方と、おすすめジグヘッド10選をご紹介します。これからチ二ングを始めるあなたのご参考にどうぞ。

この記事をかいた人

海育ちで山も好き。とにかく自然が大好きです!

目次

チ二ングジグヘッドの特徴と使い方

バスフィッシングでよく見るオモリと針がひとつになっているのをジグヘッドといいます。これにワームを付けて魚を狙います。ジグヘッドはラインに結ぶだけで、簡単お手軽に釣りを始められることから初心者の方にも人気です。また、ルアーに比べると安く手に入るのでコストパフォーマンスの面からも人気があります。

チヌは根魚なので海底をズル引きして探らなければなりません。そのとき、最大の問題が根がかりですが、チヌ用のジグヘッドは種類によって、海底に着くと針先が上を向くようになっており、根がかりしにくくなっています。そして針の貫通力も高く、硬いチヌの口周りにしっかりフッキングできるようになっているのです。

チ二ングジグヘッドの種類にはそれぞれ活躍シーンがある

ジグヘッドのヘッド部分(オモリ)の形状で、ラウンド型・フットボール型・ダート型・ラバージグ型に種類分けされ、それぞれ使用するシチュエーションが違います。釣り場や釣り方に応じて上手に選ぶことができたジグヘッドは、想像以上の活躍をしてくれるでしょう。シーンに合ったジグヘッド選びが重要です。

チ二ングジグヘッド選び方のポイントは「釣り方」

ジグヘッドはブラックバス用やメバル用などたくさん種類がありますが、チ二ングを楽しむにはチ二ング用のジグヘッドを使いましょう。根がかりの確立を軽減する構造と、チヌの強靭なアゴと硬い歯で潰されない針の強度と貫通力は必須です。その中から使うジグヘッドを選びます。選ぶポイントは「釣り方に合わせる」です。

ボトムをズル引きで狙う フットボール型・ラバージグ型

チ二ングの基本はボトムのズル引きです。海底をゆっくり引きずるわけですから当然根がかりの心配が大きくなります。そこで、根がかり回避性能の高いフットボール型とラバージグ型を選びます。フットボール型は名前の通りヘッド部分がフットボールの形をしており、この形状がボトムで針が横に倒れないようにしてくれます。

ラバージグはバスフィッシングでよく使われるもので、ルアーの一種として確立されています。形状はジグヘッドにラバー(細いゴム紐)を何本も付けたものです。ジグヘッドの種類には入りませんが、ラバーが根がかりから守ってくれるためボトムズル引きに非常に有効です。魚に対するアピール度が高く喰いつきが良いといわれています。

アクションで誘う ラウンド型・ダート型

日中、ズル引きに何も反応がない時やベイトに興味を示している時はライトワインド釣法が効果的です。ルアーアクションでワームをアピールし反射的に喰いつかせます。ラウンド型のジグヘッドは、ズル引きには不向きですがリトリープやリフト&フォールなどルアーアクションに対応できるので、ボトムから出て来ているチヌにアピールできます。

ダート型はヘッド部分が矢じり型をしており、ロッドアクションでワームが左右に動きます。この動きが喰い気のない魚を活性させるので喰いつかせることができるのです。ダート型はボトムでアクションするので根がかりのリスクもあります。ボトムは障害物が少ない砂泥地での使用をおすすめします。

チ二ングにおすすめのジグヘッド10選

各メーカーからチ二ング用のジグヘッドが数多くリリースされています。その中から、最も釣果がでて誰でも楽しめるボトムのズル引きに使えるジグヘッドを中心にご紹介します。種類がたくさんありすぎてどれを選んだらよいのかわからない方は、どうぞご参考にしてください。

おすすめチ二ングジグヘッド①Arukazik Japan(アルカジックジャパン) BM.コンタクト

出典:Amazon

ボトム専用に作られたジグヘッドです。フットボール型のヘッドが針の横倒れを防ぎ根がかりのリスクを抑えます。また、ズル引きだけではなく多彩なアクションも得意なジグヘッドで、幅広いシチュエーションに対応できるオールラウンドな活躍をしてくれます。

おすすめチ二ングジグヘッド②ささめ針(SASAME) ジャングルジム スリーパーホールド

NEXT おすすめチ二ングジグヘッド②ささめ針(SASAME) ジャングルジム スリーパーホールド