ウキフカセ釣り講座|仕掛けから釣り方のコツまで

魚によって配合を調節する

チヌのような底の魚を狙う場合は、粘り気のある重い撒き餌を作り、しっかり底まで沈むようにすると効果的です。また押し麦やパン粉、おからなどを使ってオリジナルの撒き餌を作るのも良いでしょう。風の強い日や沖を攻めるときは遠くに飛ぶようにオキアミをまとめる集魚剤が不可欠です。

簡単にタナ(水深)を測る方法

道具を1つ使うだけで簡単に測れる

どんな魚を狙うかでも変わりますが、ここではクロダイの場合を紹介します。チヌが生息している海底に針を落とす為には、水深を正確に測ることが重要です。そこで使うのが、「ゴム管付きオモリ」2~3号。仕掛けを作ったら、そのオモリのゴムの部分に針を掛けます。

ウキ止の調節でタナを決める

上記のようにセットしたら、次に釣りたいポイントへ仕掛けを落とします。オモリを底まで落として、ウキが完全に沈んだらウキ止の位置を手前(竿側)へ移動させます。最初は完全に沈む状態からスタートした方が早いかもしれません。

ウキフカセ釣りにむいている場所

狙う魚によって違う

メジナは岩礁帯にいると言われます。堤防ではテトラや堤防の先端の方に生息しているようです。またクロダイは港でも釣れます。タナ取りや、希望のポイントへ投げたり、仕掛けがちょっと複雑な分、竿の扱いが難しいので、最初は堤防で練習するのがおすすめです。上達して、足元にも集中できるようになったら磯へ出かけてみましょう。

よく釣れる時間帯

どんな釣りでも基本はほぼ同じ

朝マズメ、夕マズメといいどちらもよく釣れますが、釣りは時間帯というより「潮」が重要と言われています。潮止まりといってほとんど潮に動きがない時は、全く釣れないということもあります。さらに満潮に向かって水位が上がってくる上げ潮や、その逆の下げ潮など、潮がどちらに動くかによっても何が釣れるかが変わってきます。

朝マズメについてはこちらの記事で詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

投入するポイントを変える

一般的に上げ潮の方が釣れるという人が多いようですが、これも魚によります。下げ潮の時には岸に寄ってくる物もいて、針を落とすポイントによって釣れる釣れないが決まってくるようです。また堤防の先端は潮の変化が起こりやすいのでいつでも狙い目です。

ウキフカセの釣り方のコツ

撒き餌ができたらすぐに撒く

「撒き餌が効く」という言葉をよく耳にしますが、魚は撒き餌の匂いを嗅ぎつけて寄ってきます。釣り場に着いたら、前日から作っていたものであれ、当日釣り場で作ったものであれ、とにかく真っ先に撒き餌を撒きましょう。準備をしている間にも、魚を引きつける匂いを漂わせておくことが重要です。

NEXT 仕掛けはふわっと投げよう