衝撃サイズのメガロドーン!その使い方をご紹介!

メガロドーンはどうやって使うの?

まずメガロドーンの特性を整理しよう

メガロドーンの使い方を深く理解するために、まずメガロドーンの特性について整理しておきましょう。ここでは代表的な特性を4つ挙げておきます。①全体の重さ、②ブレードの大きさ、③ワイヤーの太さ、④障害回避(スナッグレス)性能の高さです。この4つの特性を踏まえて、メガロドーンの使い方について説明していきます。

メガロドーンの使い方① 障害物周りをサーチする

狙ったところに投げやすい

メガロドーンの使い方としてまず挙げられるのは、障害物が多い場所でサーチベイトとして使うやり方です。この使い方ができるためには、何よりも「狙ったところに投げやすいこと」が必要です。この点、メガロドーンは大変重いルアーなのですが、重心がヘッドに寄っているため非常に投げやすくなっています。そのため、障害周りでも狙ったポイントにキャストしやすいのです。

卓越した集魚能力がある

また、障害物周りでサーチベイトとして使うには、「卓越した集魚能力」も要求されます。一般的なスピナーベイトも集魚能力は高いのですが、障害物周りでは魚へのアピールが不足してしまいがちです。この点、メガロドーンは大きなブレードが水中で高速回転し、強烈にフラッシングするため、障害物周りでも魚にとても強くアピールすることができるのです。

根掛かりしにくい

障害物周りで使うためには、「根掛かりしにくいこと」も必要です。この点、メガロドーンは障害回避(スナッグレス)性能が高いので、障害物周りでも根掛かりを気にせず使えます。また、メガロドーンのワイヤーはとても太いので、仮に根掛かりしたとしても、折れることを心配せずに強く引っ張ることができます。

アタリが分かりやすい

サーチベイトとして使うには、「アタリが分かりやすいこと」も必要です。この点、メガロドーンはとても重いので、リトリーブ(キャストしたルアーをリールで巻き戻す動作のこと)をするとラインが強く張ります。このラインの張りが、アタリの感度を高めることに役立つのです。

メガロドーンの使い方② 深いレンジをキープする

浮き上がりにくい

メガロドーンの使い方として、深いレンジをキープする釣り方も挙げられます。深層にいる大物を狙って、レンジを深く保った状態で魚へのアピールを行うのです。一般的なスピナーベイトでは、リトリーブをするとすぐに浮き上がる性質があります。そのため、深いレンジをキープするのが難しくなります。この点、超重量級のメガロドーンは浮き上がりにくいので、深いレンジを保つ釣り方が可能になるのです。

視認性が高い

またメガロドーンの視認性の高さも、深いレンジをキープするのに役立ちます。一般的なスピナーベイトは、深層に沈むと水の上からは見えづらくなってしまいます。この点、メガロドーンは大きなブレードが強烈にフラッシングするので、深層に沈んでいても目視で確認しやすいのです。深層に沈んだまま、ポイントの微調整を行うことができます。

NEXT メガロドーンの使い方③ 浅いレンジをバジングする