ダツは刺さるって本当!?危険だけどおいしいダツ情報まとめ

ダツによる死亡事故も

この魚による死亡事故は実際に発生しています。ハワイではナイトダイビングをしていた男性の腹部にダツの口ばしが刺さってしまった事故や、ヘッドライトを使用して夜釣りをしていた子供の目に口ばしが刺さり、なんと脳にまで達し死亡していまったという事故も起きています。

ダツが刺さってしまったら

ダツが刺さった後の処置は?

万が一、ダツが刺さってしまったらむやみに抜いてはいけません。ダツが刺さったことにパニックになってしまい、無理矢理抜いてしまうと、傷口から大量出血が起こり死の危険さえあります。まずは、ダツを締めてからダツを抜かずに病院へ行きましょう。

ダツに襲われない為には

ダツに襲われないように気を付けることとは

ダツは光に反応します。海に入る際は、光に反応するアクセサリー類は必ず外しましょう。夜釣りの際も、海面に向かってライトの光を照らさないことです。海面に光をてらし、光がダツの目に入ってしまわないしようにしましょう。ダツを見かけたら絶対に刺激をしないことです。

ダツの釣り期と釣り方

ダツの釣り期とは?

ダツは一年中釣れる魚です。あえてダツの旬の時期といえば、寒くなる時期から初夏にかけてです。特に夏の夜釣りではよく見かけられる魚です。ダツを専門的に釣る人が少ない為、市場にもあまり出回ることは少ないです。

ダツは通年釣れる魚

ダツは通年釣れる魚です。特に水面から水面直下を狙うようにしましょう。潮の流れのあるような場所やヨレ、障害物などの変化のある場所を好む魚なので、そのような場所をポイントとして丁寧に攻めてみると良いでしょう。

ルアーでダツを釣ろう!

ダツは小魚を捕食するフィッシュイーターなので、ルアーフィッシングがお勧めです。基本的にダツは表層にいる魚なので、メタルジグやフローティングミノーを使用することをお勧めします。ただ、ダツを専門に釣る人は少なく、サヨリやシーバスの外道として釣れることが多いようです。

釣りあげる時は十分に注意

NEXT 油断は禁物