ヒラマサジギングを始めよう!タックルからコツまでをご紹介

大切なのは、どう泳がせるか

さまざまな種類や特徴のあるジグですが、これが良ければ釣れると言う訳ではありません。大切なのは、どう泳がせるかだと思います。いかに自然な動きで泳がせるかで釣果も変わってくると思います。その時の状況によっても食いついてくれる動きに違いがあるので、それを探るのも、この釣りの魅力でしょう。

ヒラマサジギングで押さえておきたいコツ

どんな釣りにも、コツは存在しています。この釣りでも同じです。今までに、色々な方たちが、見つけ出したコツを覚えて、この釣りに挑戦しましょう。そして自分なりに新たなコツを発見していくのも、釣りの醍醐味ではないでしょうか。

覚えておきたい基本的なコツ

どんな釣りでも一緒のことですが、まずは、気を抜かないことです。落とし込みの途中でアタリが来たり、落とし込んで巻きあげて初めてすぐにアタリがあることもあるのです。気を抜いていると、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

釣果を伸ばすコツとは?

底を見極めましょう。この釣りでは、岩場での釣りがメインになるので、うっかり底に落とし過ぎると根がかりの原因になります。また、底についてから、5メートルぐらい素早く巻きあげるのもコツのひとつなので、着底には、気をつけましょう。

ヒラマサジギングのルアーの動かし方

基本的な動作

この釣りで良く言われるのが、ワンピッチジャークです。これは、ひと巻きしたら、1回ジャークすると言うものです。これの繰り返しが基本的な動作になります。ポイントとしては、ジャークの際に、いかに優しく自然な感じを演出するかです。竿先を利用して、優しく動かしましょう。

ルアーの動きをイメージしましょう

海中でのルアーの動きをイメージすることから始めましょう。まず、ジャークの時は、魚がすーっと上って行く感じです。また、その後の落ちていく時にヒラヒラするよな感じをイメージしてください。いかに自然な感じに泳がせるかが、魚の警戒心や食欲に大きく関わってくるので大切なポイントになります。

ヒラマサジギングの水深について

魚のいないところでいくらジグを動かしても釣れる訳がありません。どのようにして魚のいる水深を見つけさし、適格にその水深をせめて行くことが重要な釣果を上げるポイントになってきます。その方法などを紹介して行きたいと思います。

水深の見極め

まずラインです。PEラインを使用する場合は、メートルで色が変化しているものを選びましょう。正直釣っていて何メートルかラインの色で判断することは出来ませんが、どの色の場所でアタリがあったのかを覚えることは出来ます。このようにすれば、アタリのあった水深を再度アタック出来るとおもいます。

臨機応変に対応しよう

潮の流れなどで、魚のいる水深は変化すものです。アタリが弱くなったら、ちゅうちょせずに、色々な深さを探ってみましょう。他の釣りも同様ですが、状況に応じて臨機応変に対応するころが釣果アップに繋がると思います。

NEXT ヒラマサジギングのアワセのタイミング