ヒラマサジギングを始めよう!タックルからコツまでをご紹介

ヒラマサジギングのアワセのタイミング

どんな釣りでも、魚のアタリにいかにアワセるかが、釣果に大きく関わって来るものです。いくら上手にジグを動かして、魚に口を使わせても、そのアタリにアワセが出来なければ、釣りあげることは出来ないのです。そのアワセについて紹介します。

タイミングをつかんで獲物を逃がさない

アタリはいきなりガツンと言う感じで来ると思います。ジャークをしていれば、そのままアワセることが出来ると思います。しかし、刺さりが甘くてバラしてしまうことが多いので、改めて大きくアワセを入れるといいと思います。また、落とし込みの時のアタリに上手く反応するために落としを入れる時のラインと張りに注意しておきましょう。

上手くアワセた後は…

上手にアワセが出来たら、最初は一気に巻き上げましょう。この魚は岩場にいるので、のんびりしていると、岩にまかれてラインが切れてしまいます。そんなことにならないように、最初は、一気に巻き上げて、逃げ込まれないように、魚を引っ張り出しましょう。

ヒラマサジギングで使うライン

釣りのとってラインは非常に重要なアイテムのひとつです。リールからジグへと繋がっていて、ジグを操るために、こちらの操作をジグにうまく伝えるためにも繊細で、また、時には大物を釣りあげるためにも強度も兼ね備えていなければなりません。この釣りに関しても同じです。

使用ラインを紹介

おすすめはPEの3号から4号です。強度も十分ですし、ジグ操作にも扱いやすいと思います。また、PEの中でもメートルごとに色が変わっているものを選ぶと水深を見極めるためにも便利だと思います。また、岩場や底での釣りなので、ラインが痛むことも考えて編込み回数の多いものを選びましょう。

ラインについてのポイント

PEが根ずれなどで切れてしまうことも考えて、300メート近くリールに巻いておくと安心だと思います。切れた時にも、そのまま使い続けることが出来るからです。ラインとジグとの間は、フロロカーボンなどが良いでしょう。3メートルほど着けておくと大丈夫だと思います。

ヒラマサジギングの素朴な疑問

いざ釣りを始めようとした時に、ちょっとした疑問などが出てくると思います。そんな疑問にお答えしたいと思います。あまり数を紹介できませんが、疑問があるときは、釣具屋の店員の方に聞いたり、経験者の方に一緒に連れて行って もらうと良いと思います。

初心者でも釣れますか?

経験者の方でも、釣れない時もありますが、絶対とは言い切れませんが、きちんと方法さえあっていれば釣ることは出来ると思います。最初は、経験者の方に教えてもらうと早く釣ることが出来ると思います。準備の段階では、高価なものでなくても良いので、お店の方に相談しながら用意するといいと思います。

釣った魚は食べられる?

もうすごく美味しいと言う話は、あまり聞きませんが、この魚も食べることは可能です。釣っている人は、食べることが目的と言うよりも、引きの強いこの釣りでのやり取りを楽しんでいるようです。釣れたら是非食べてみてください。釣りたての新鮮な魚は美味しいはずです。自分で釣ったとなれば、また格別だと思います。

奥の深いヒラマサジギングに挑戦しよう。

NEXT やればやるほど奥が深い