カジカはおいしい魚|カジカの釣り方から料理のレシピまで!

カジカのメジャーな食べ方の一つがフライ

白身魚のフライがあるように、揚げてみると刺身とは異なった食感に生まれ変わることがあります。カジカのフライの場合、刺身の時のコリコリとした食感から、フワッとしてホクホクする、上質な白身魚のフライに大変身します。

カジカのフライのレシピ

作り方としては簡単で、白身魚のフライと同様です。さばいてから食べやすい大きさに切り分け、衣をつけてあげていきます。ソースで食べて良し、醤油でも良し、タルタルソースでも良いでしょう。刺身は苦手という方や子供も食べやすい食べ方です。

カジカ料理のレシピ③カジカ鍋

カジカ料理といったらまずでてくるのが「カジカ鍋」「カジカ汁」ではないでしょうか。寒い冬にはぴったり、家族・友達・恋人と鍋を囲んで暖まれるのがカジカ鍋です。鍋壊しの名前の通り、その美味しさは名前になる程ほどです。調理方法を以下で紹介していきます。主に味噌ですが醤油ベースにしたりお好みでアレンジするのもいいでしょう。

肌寒い秋にぴったりなカジカ鍋

北海道で鍋壊しと呼ばれるカジカ。由来は鍋の中にあるカジカを探して、みんなが箸で鍋底をつつくことで、鍋が傷つき壊れてしまうほどに美味しいことから来ています。カジカの身だけでなく肝、カジカの卵、大根や白菜などの野菜類と一緒に味噌ベースのスープで煮込みます。肌寒い日にはぴったりの一品です。

カジカ鍋のレシピ

肝を入れたり、油揚げやしめじなどを入れたりすることでカジカ鍋の完成です。注意点としては「煮こぼす」工程を踏まないと生臭みがでてしまうので、忘れずに行います。また、鍋で煮込んでいる途中で泡が出てきます。これはアクではなく、旨味なので取りません。肝が白くなってきたら一混ぜして完成です。

カジカ料理のレシピ④カジカの唐揚げ

カジカ料理で鍋の次にメジャーなのが唐揚げです。小さい型のカジカなら一匹をそのまま揚げてカジカを丸ごと味わうのも良し、大きい型のカジカなら身を三枚におろして鳥の唐揚げと同じ要領で味付けして揚げるのも良しです。この章ではカジカの唐揚げをレシピ動画を交えてご紹介します。

隠れたおいしさが魅力のカジカの唐揚げ:姿揚げ

カジカを丸々一匹唐揚げにする場合、さばかないので、カジカの中を綺麗にする必要があります。まずは砂吐きをさせる必要があるので、水道水の中である程度の時間泳がせます。これで砂が抜けるので、後は塩をつけて水洗いしてぬめりを取ります。後は片栗粉をつけて180℃の油であげれば完成です。

隠れたおいしさが魅力のカジカの唐揚げ:切り身揚げ

切り身で揚げる場合は、鳥の唐揚げと同じ要領で、カジカの切り身に味を付けてから揚げましょう。味付けはニンニクと生姜、醤油、酒などでも良いですし、色々試してみると良いでしょう。カレー風味にすればお弁当のおかずになりますし、ニンニクを聞かせれば酒のお供にもなります。

NEXT カジカの唐揚げのレシピ