万能ビックベイト「ジョイクロ」を使いこなそう!チューニング方法もご紹介!

ジョイクロが使える・適した場所は?

どこでも使えるんです

ジョインテッドクローはどんな場所でも対応できて、使いやすい万能なルアーです。海とつながっていればどこでも釣れるんです!大げさですが、どぶ川でも釣れるという事を聞いたことがあります。バスがいそうな場所やポイントを見つけてみてください。

川をメインで使おう

シーバスって濁っている川が大好きなんです。川が濁っていれば自分の姿(シーバス)が消せるので獲物を探すために行動範囲が広くなります。濁りがあれば浅い場所にも来る事があります。しかも夏は上流に上がってくるので、ジョイクロのアピール力で満足のいく釣りになるでしょう。

小規模河川でも使えるんです

シーバスは暗い所も好きですので浅橋・橋脚・沈み根があるのならば、そこの影の所を狙ってみてください。影になる所にシーバスが潜んでいる可能性があります。小規模河川でもポイントを狙えば大型が釣れる可能性もあります。

ジョイクロのチューニング方法は?

ダブルフック化

フィッシングで一番悲しいのが根がかりです。引っかかるのは主にフロントフックの方が多いです。購入したてはトリプルフックですので、ダブルフックに変えた方が良いでしょう。フッキングが良くなり、障害物に引っかかりづらいという利点があります。やり方は、スプリットリングから針を交換するだけなので簡単です。

フェザーフック化

トリプルフックに羽がついたものです。こちらもフックを交換するだけですが、これにすることにより大きな針が見えずにジョイクロの泳ぎ方を変えてくれるんです。ただし、水の抵抗に左右されやすい為に浮き沈みが変化します。カスタマイズが好きな方は、手作りして自分だけのオリジナルのフェザーフックをつけています。

I字化

ジョイクロのジョイントのところに輪ゴムを巻きI字の動きにする方法です。S字の動きにスレきっているバスには効果的!ただし輪ゴムを巻きすぎるとI字すぎてしまうので注意が必要です。チューニング方法は人によってさまざまです。自分が作ったオリジナルジョイクロで釣れたら嬉しいですよね。

ジョイクロのインプレ

動きや見た目(デザイン)が良い

ジョインテッドクローはS字形の王様と言われるほど、アクションが綺麗です。まさに本物そのものです。カラーバリエーションが豊富で、コレクションして眺めているだけでも良いという方もいらっしゃいます。

NEXT チューニングの幅が広い