3.5ノットをマスターしよう!簡単な結び方をご紹介!

3.5ノットに向く釣りはある?

中型、小型魚向きの3.5ノット!

3.5ノットはそれ程太いラインを必要としない、1㎏~3㎏程度の、たとえば、キビレ、太刀魚、シーバスやサバなど青物向き、または一匹の釣りに長い時間を必要としない魚種向きと言えます。この程度なら3.5ノットでも結束部から切れる頻度は減ります。絶対に切れないという訳ではありませんが、釣りを楽しむ強度にまったく問題はありません。

3.5ノット向きのラインは何号?

ラインの種類としては基本はPEラインを選択して、ライン(道糸)の太さを0.8~1.5号程度での釣りが向いています。ラインの太さが決まれば、それに合わせてハリスの太さも決めます。ハリスで人気があるのはフロロカーボンラインです。基本はライン(道糸)でPEライン、ハリス(仕掛け糸)でフロロカーボンラインを選び、慣れていけば好みのラインをチョイスしていきます。

3.5ノットに向かない釣りはある?

大物釣りに向かない3.5ノット!

3.5ノットは大物釣りには向かないといわれています。大物の魚をじかに引き上げることは少ないので、問題は引き上げるまでの、リールを巻いたり泳がせたりのアクションと、釣りあげるまでの時間です。その間に結束部が切れたり、ガイド部が破損する恐れがあります。結束部が少し大きめになることと、細めのラインを使用しているので仕方がないといえます。

大型魚種のラインとガイドは?

最近のラインは摩擦にも重さにも耐えられるラインが多数発売されています。ただ最初は基本のPEラインを選択して、太さは1.5号からあとは魚種に合わせて選んでいきます。大きな魚を狙うのならラインも太くなり、ガイドの径もそれに合わせて大きくしていけばよいのです。

3.5ノットをより簡単に結ぶ方法はある?

優れ物アイテムの第一精工 ピッカーズEX!

出典:Amazon

出典:Amazon

 

 

 

 

 

 

3.5ノットは初心者向きで結びも単純で失敗も少ないと評判ですが、自宅で太い糸やヒモで練習しているときは上手くできても、釣り場の実践ではどうしても焦ってしまい、うまく結べないことがあります。天候や釣り場の環境など落ち着いてできないことも多々あります。もっと簡単に結びたいと希望するのは当然です。それをアシストする便利なアイテムがあります。それがこのピッカーズEXです。

トリプルエイトノットも結べる!

今回ご紹介した第一精工ピッカーズEXは驚いたことに、結べるのは3.5ノットだけではありません。トリプルエイトノットや8の字結びにも対応しているという優れ物のアイテムです。このアイテムを使えばノットワークに不安を持つ必要もないので、安心して釣りを楽しむことができます。

他のノットを結ぶのに便利なアイテムは!

3.5ノットとトリプルエイトノットを結ぶのに便利なアイテムは見つかりましたが、ノットの種類は他にも沢山あります。3.5ノットでは強度が足りないとき、大物を釣りたいときはFGノットなど、より強度のあるノットワークが必要になります。強度のあるFGノットは結び方も複雑になりますので、便利アイテムが必要なのはむしろこちらの方です。ノットアシストは強度のあるFGノットの結びをアシストしてくれます。ピッカーズEXとノットアシストを準備しておけば、ノットワークで困ることはなくなります。

NEXT ショックリーダーを結べない人はあきらめるの?