テナガエビの仕掛けを紹介!玉ウキ釣りやミャク釣りも!

おすすめ玉ウキ釣り仕掛け②ささめ針 手長エビ沈めマーカー

出典:Amazon

2.1m、1.5m、1.2mと、これ以外の長さにも自由に調節が効くので、初心者から上級者まで使える玉ウキ仕掛け。スペアの鉤が多めについているので、メインはもちろん、予備として1セット持っておくのをおすすめします。

オススメ玉ウキ釣り仕掛け③がまかつ テナガエビ仕掛(シモリウキ)

出典:Amazon

底を取りやすい初心者におすすめの玉ウキ仕掛け。錘のつくりもしっかりとしているので、釣りやすいです。繰り返し使える仕掛巻使用で、テナガエビ釣りはもちろん、ハゼ釣りなどほかの魚にも応用できるので、1つ持っているとオールマイティーに使用できます。

テナガエビ釣りの種類その2|ミャク釣り

ミャク釣りとは

竿を用いて、ウキを使わずに軽い錘を付けただけの仕掛けで釣る方法です。魚の脈(ミャク)を読むような様子から名付けられたといわれており、糸、竿、指先に伝わる微弱な変化を感じて吊り上げる方法となっています。底取りと糸をしっかりと張ることが重要です。

ミャク釣りの仕掛け

ミャク釣りの仕掛けはとってもシンプルです。糸に錘と針、エサを着けるだけ。釣りの入門におすすめの釣り方でもあります。テナガエビを狙う際には、底の浅いところで釣りをすることが多くなるので、リールのない延べ竿を用いた方が釣りやすいです。こちらのエサのつけ方も、針の先端が露出するように取り付けて下さい。

ミャク釣りのメリットデメリット

ミャク釣りのメリットは、リールを使用しない延べ竿を用いるので、ライントラブルを少なく抑えることができ、釣り入門の方におすすめの釣法な点です。釣りの基本中の基本でもある、「糸を張る」感覚を掴むためにもぜひ挑戦してもらいたい釣法です。また、簡単な道具だけで始められ、費用をかけずにできるのもうれしいポイントです。

デメリットとしては、障害物の多い場所に潜むテナガエビを釣る上では、かなり根掛かりを起こしやすく、テナガエビを吊り上げるより先に糸が切れてしまうことの方が多くなってしまいます。また、風や水の流れが速い時などは、かえってアタリの感覚が掴み辛くなります。

おすすめのミャク釣り用仕掛け①OWNER 糸付 20307 タナゴ 極小

出典:Amazon

口の小さいテナガエビにちょうどいい大きさの仕掛けです。食いつきやすく、反応をしっかりと瞬時に伝えてくれるため、とても使いやすいです。ミャク釣りの性質上根掛かりを起こしやすいので、多めに所持しておく方が安心できます。

おすすめのミャク釣り仕掛け②がまかつ 糸付 タナゴ鈎 新半月(茶)

出典:Amazon

初めての釣り場の環境リサーチにも向いている仕掛け。針先が短いので手返し良く釣りを続けることができます。仕掛けの取り外しがしやすい梱包になっているのも使い勝手がいいポイントです。

おすすめのミャク釣り仕掛け③

出典:Amazon

珍しいスレ針のミャク釣り用仕掛け。釣った獲物へのダメージが少なく、スムーズに針を取り外すことができます。さらにピンセットを使って取り外しを行うことで、獲物へのダメージを最小限に抑えて釣ることができます。

NEXT テナガエビ釣りの種類その3|天秤