メジナを食べてみよう!料理のレシピや捌き方もご紹介!

メジナを食べてみよう!メジナの捌き方

釣りをすること自体も楽しいのですが、その醍醐味は新鮮な魚が食べれることにあります。持ち込んで魚屋さんに頼むことも出来ますが、自分で出来た方が節約にもなりますし、食べた時のおいしさもヒトシオです。自分でメジナを捌いて、釣りたてのコリップリッなその身をいただきましょう!

メジナの捌き方①鱗をとる

メジナの鱗は大きくて固いです。鱗取りを使って水道水で流しながら、取っていきましょう。鱗取りが無い場合は出刃包丁を使い、尻尾側から包丁をたてるようにして左右に動かし、こそぎ落します。終わったら水道水で洗い流しておきましょう。また、新聞紙やビニール袋の上に魚を乗せて鱗を取る方法だと、後片付けがラクです。

メジナの捌き方②頭を落とす

胸ヒレの後ろ辺りに斜めに包丁を入れ、頭を落とします。骨が固いので力がいりますが、気を付けて行ってください。包丁の重みを上手く利用して切ると良いでしょう。滑ってしまうと危ないので、魚のぬめりは取っておきましょう。

メジナの捌き方③内臓をとる

お腹部分に切れ目を入れて、内臓を取り出します。お腹の中に赤い血合いが残るので、洗い流しましょう。この時、歯ブラシを使ってかき出すようにすると綺麗に取れて便利です。その後、水気はペーパーや清潔な布巾でとっておきます。

メジナの捌き方④三枚におろす

先に背びれ側から包丁を入れます。中骨にあたるのを感じながら、ゆっくり包丁を動かし切っていきます。お腹側からも包丁を入れたら、尻尾に近いところに包丁を差し込み、中骨に沿って一気に身をはがします。もう半身も同じようにして三枚おろしにします。ハラスの部分は骨が多いので、削いでおくと良いでしょう。

メジナを食べてみよう!メジナ料理のレシピをご紹介①メジナの刺身

メジナを釣ることが出来たら、1番に試して欲しいのがお刺身です。釣りたての魚をどこよりも新鮮な状態で食べれるのは、釣り人の特権でしょう。これが出来るから釣りをしている、という人も少なくないのでは。

メジナの刺身は酒の肴にぴったり

食べやすいメジナの刺身は、お酒もグイグイ進みます。魚は、身と皮の間にうま味(脂)がギュッと詰まっています。皮を剥がずに『湯引き』をして食べると、普通のお刺身とはまた違う食感を楽しめることが出来ておススメです!

メジナの刺身のレシピ

湯引きをするメジナの刺身レシピです。

  1. 骨抜きで中骨を抜いたら、サクの状態にする。
  2. 皮目を上にしてまな板に少し角度をつけて傾けておき、そこへ沸かした湯をかけます。
  3. すぐに氷水につける。粗熱がとれたら、ペーパー等で水気をふき取り、時間があれば冷蔵庫で冷やす。冷えたら、包丁でお好みの厚さに切り、皿に盛りましょう。
NEXT メジナを食べてみよう!メジナ料理のレシピをご紹介②メジナのたたき