幻の魚アラには毒がある!?捌き方紹介&美味しいレシピ5選!

アラを選ぶポイント

運よく市場などでアラを手に入れる機会がありましたら是非選ぶポイントを押さえてより鮮度のよいアラを選んでください。ポイントは白くなっていないものほど鮮度がいいです。アラは時間とともに白くなっていくのでそこを注意してください。そして鰓が鮮やかな紅色だとより鮮度の良い状態といえます。

アラの釣り方

アラ釣りは沖釣りで水深のかなりある岩礁域などが多いので細心の注意を払って行くことが望ましいです。必ずライフジャケットは着用して下さい。成魚を釣るには一本釣りや底魚を捕るための低延縄等を使います。

幼魚を捕るには底引き網で大量に捕る方法が主流です。アラはパワーがあり引きが強いので近年ジギングで楽しむ釣り方も多いです。

釣れる時間

アラ釣りに適した季節は1~4月ですが基本的には年中釣る事が可能です。時間帯は夕暮れ時がベストですが朝の早い時間から沖釣りを始めて根気よく待つと運の良い時は早々にかかる場合があります。アラは動き回る事が殆どないので耐久勝負となることもしばしばです。

釣れる場所

アラは船で沖釣りをしますが、岩礁域に生息しているためそのエリアを船で流しポイントを見つけます。漂流物などのくぼみなどに潜んでいることが多いため、見つかりにくい時は魚探を使用するなどします。

引きがあった際は落ち着いてゆっくり水面にあげてください。竿ごと持っていかれるほどの強さなのでパワーに負けないようにしてください。

釣り方

アラは海底でジッとしていて目の前にきた餌に食らいつき一気に飲み込む習性があります。よって仕掛けはこの習性を利用してこまめに底だちを取り上手にアラを誘導できるような技術も必要です。

沖釣りの中でもかなりパワーのある魚なのでできるだけ強いタックルを用意してください。アラ釣りの餌はサバ、イカ、サンマの切り身を使用します。

ジギング釣り

ジギングは大型魚の様にパワーが強いものが好まれるのでアラのジギングも大変人気があります。ターゲットをゆっくりと誘い込み、あたりが来てもテンションをかけ続けあまりポンピングはしません。ゆっくり食いつく場合と一気に食いつく場合があるので注意が必要です。

アラとクエは似ているけど違う魚

アラとクエの違いは基本的に科が違い「アラ」はスズキ科で「クエ」はハタ科です。見た目がよく似ているので間違いやすくなっています。九州地方などでクエをアラと呼ぶこともあり更にややこしくさせています。

しかしクエはアラよりも大きく知名度は高いです。漢字で書いてもアラは魚へんに荒と書きますし、クエは「九絵」と書き全く違います。

アラの魅力を知ってアラを釣ってみよう

アラという魚のことをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?広く深い海の底にジッと動かず潜んでいるアラの姿を想像するだけでワクワクしませんか?高級魚と呼ばれる魚は数々いますが、人生で一度はお目にかかりたい魚の一つではないでしょうか?是非アラ釣りに挑戦して最高のアラを堪能して頂きたいです。

NEXT クエに関する記事はこちら