投げ釣り仕掛け大全!種類や自作方法、ターゲット別の仕掛けを解説!

胴突き投げ釣り仕掛けのメリットは?

夏から秋にかけて、魚影が濃い時期に堤防からキャストすると根魚を中心に色々な魚が釣れる「五目釣り」が面白い釣りです。オモリが先頭で針と道糸の間には障害物がありませんのでアタリが明確に伝わってきます。魚の躍動感が直接感じられるのでとてもスリリングな釣りです

胴突き投げ釣り仕掛けのデメリットは?

胴突き仕掛けのデメリットはハリが沢山あるので初心者の方だと絡んでしまう事がある点です。また、ハリの数だけエサを付けなくてはいけません。魚が好んで潜む海藻や岩場付近の「しもり」を狙うと根掛かりも多くなります。根魚狙いだと荒れたポイントが多く根掛かりとの戦いにもなります。

投げ釣り仕掛けの種類③ 中通し仕掛け

中通し仕掛けとは投げ釣りの仕掛けの中でも最もシンプルな仕掛けです。オモリの中に穴があって、そこを道糸がスルスルと通る仕掛けです。道糸の先にはハリスを結びエサを付けるハリがあります。投げ釣りの中でも大物を狙った釣りに使用される仕掛けで、警戒心の強い種類の魚も釣りやすいという特徴があります。

中通し投げ釣り仕掛けの基本構成は?

出典:楽天

中通し仕掛けは「オモリ」に影響されずに道糸が自由だというのが最大の特長です。通常はおもりと道とは連結されているのでリールを巻くとおもりの重量感が伝わってきます。それはエサを咥えた魚も一緒です。中通しはその違和感がほとんどないのです。

魚はおもりの重量感に違和感を覚える

魚はエサを咥えたときにオモリの重量を感じると吐き出してしまう事があります。この傾向は警戒心が強い大物の方が顕著です。大物を狙う時は中通し仕様にするのが一般的。オモリの重量感を感じさせず自然にエサを飲み込ませる!これが中通し仕掛けの真骨頂です。

中通し投げ釣り仕掛けのメリットは?

中通し仕掛けの最大のメリットは魚に違和感を感じさせないことです。更に、オモリに邪魔されることが無く魚のアタリが直接伝わってくるのもメリットです。オモリは海底で固定され、ラインだけはその中をスルスルと移動できるので、小さな前アタリも見逃さないのです。

中通し投げ釣り仕掛けのデメリットは?

中通し仕掛けはハリスを長めにとるのでハリが絡みやすいデメリットがあります。またオモリの中を通るのでラインがキズ付きやすいです。中通し仕掛けは大物が釣れることも多くラインの傷は大敵。こまめなチェックが必要です。

ラインの傷つき防止対策は?

出典:楽天

中通しのオモリにはゴムが付いたオモリがあります。ゴムがクッションになるのでラインの傷つきが軽減できます。また、オモリが動ける範囲を限定した「中糸」と呼ばれるリーダーを付けることもあります。リーダーは太い糸で傷に強いです。

NEXT 中通し仕掛けで狙える魚は大物が多い!