おしゃれキャンプサイト総まとめ|上級テクを参考におしゃれキャンパーになろう!

ヴィンテージの木製アイテムでよりお洒落に

それが、ヴィンテージ風の木製アイテムを使ったサイトになります。年季の入った見た目をしているために長い期間にわたってキャンプを実践してきたかのような歴戦の猛者という感じと、使いこまれているのがキャンパーのアイテムたちへの愛を感じさせるようなスタイルとなっています。当然統一感もあり見ていて飽きません。

木製のアイテムたちに目がいってしまいがちですが、このサイトをデザインされた方が利用されているテントはクロスターの「オーマルハウス」というモデル。なんと30年も前のモデルということで実際に年季が入っており、カラーリング的にもウッドスタイルと合うものになっています。

おしゃれキャンプサイト⑩男必見!ミリタリーサイト

最近は女子のみで行うようなスタイルも流行ってきているとご紹介しましたが、当然男だけで行うキャンプだってあります。無骨なアイテムが揃いそうな男向けのアイテムたちを活用したのが、最後の10点目にご紹介するミリタリー風のサイトになります。

アイテムをより合わせてミリタリーに

このサイトを作られた方は3人組の高校からの同級生たち。全員がDIYで作り出したオリジナルのアイテムをより合わせてお披露目をするといったように近くのキャンプ場でテントを張られているそうです。アイテムたちは「錆び」を生かすという独特のもので、ヴィンテージのウッドスタイル同様使いこまれた感を感じます。

またテントの近くに停めてある車にもミリタリー感を演出してくれるようなアイテムを載せており、四駆の背部ドアからそれらのアイテムを見ることができるようになっています。キッチンだとかジャグなども車で利用するようになっており、ただ車を停めるだけでなく便利に活用しているようです。

おしゃれかつ豪華なサイトも

ご紹介した10のキャンプサイトを実践するのももちろん良いですが、グランピングという豪華な食事などを楽しむようなスタイルもおしゃれかつ豪華でおすすめです。全国に実践できるサイトがありまた手ぶらでも楽しむことができますので、地元のサイトをチェックです。

キャンプサイトの選び方

色々とおすすめしたいお洒落なサイトをご紹介しましたが、まず最初に行う際とを選ぶ段階から注意すべき点というのはあるものなのです。ということで、サイトを選ぶ際に注意しておきたいポイントなどを見ていきましょう。

NGサイトを見極める

サイトがあればどこでもいいというわけではありません。たとえばあまりないかもしれませんが崖の近くや傾斜のあるようなサイト、湿ったままのサイトなどは条件が悪いNGサイトとされています。生活も不憫になりますので、こういった場所は避けましょう。

早めの行動で場所とり

自分でテントなどを張る場所を自由に決めることができるフリーのサイトなどは特にそうですが、利用者の少ないうちならば好条件のサイトを先取りして置ける可能性が高まります。良いサイトを使いたいのであれば、早めにサイトへ行って先取りしておきましょう。

トイレや炊事場の場所を確認

お子さん連れであればできるだけトイレに近い場所を狙うと子供が迷うことなくトイレへサッといけますし、コンロなどを使わないのであれば炊事場が近い場所を確保するのがおすすめです。このように、自分のキャンプのスタイルに合わせた場所取りというのも重要です。

NEXT 雑誌「GO OUT」でおしゃれキャンプサイトの情報を入手!