イラって魚が美味しい!生態や釣り方、美味しいレシピを紹介!

イラの旬

イラの産卵期

イラの産卵期は6月から9月にかけてとされています。魚の一番美味しい時期は一般的には産卵前と言われています。産卵に備えて餌を多く食べ、脂肪を蓄えるため、アミノ酸の質も良いとされています。反対に、産卵期から産卵直後は味が落ちるため、なるべく避けたほうが良いそうです。

イラの美味しい時期

イラの産卵期を踏まえて、イラの美味しい時期は晩秋から春にかけてと言えるでしょう。11月~4月くらいまでが食べ頃で、なかでも冬場の12月~2月が最も美味しいとされています。夏が近づくと産卵期に入ることに加えて、暑さでくさみが増すため、注意が必要とのことです。

イラの釣り方

イラは磯釣りまたは沖釣り

イラは単独で行動しているため、イラを狙った釣り方は存在しないようです。どちらかというとイシダイなど他の磯場にいる魚を狙ったところ、偶然にも釣れてしまうといパターンが多いようです。磯場に多くいることから、陸釣りで岩礁域を狙うか、船で沖に出てみるのがいいようです。

イラ釣りの時間帯

イラは夜行性であり昼間は岩陰で眠っていることが多いようです。そのため、夜から早朝にかけてがイラ釣りのベストな時間帯といえるでしょう。暗い中での磯釣りは危険を伴うため、十分に注意し、イラ釣りに挑戦してみましょう。

イラ釣りのための道具・タックル

イラの体長が比較的大きく、磯場での釣りとなることから道具は丈夫なものを選んだほうが良いようです。5メートル程の磯釣り用の竿を用意して臨みましょう。ウキを使って、仕掛けを遠投するというカゴ釣りも向いているようです。

イラのエサ

イラは海底の生物や人工物に付着する生物を捕食しています。そのため、エサは貝類など一般的な動物性のエサなら何でも良いと言えるでしょう。また、ルアーで釣れるとの情報もあるため、上級者は挑戦してみてはいかがでしょうか?

イラ釣りのスポット

九州地方で盛んに食されていることから、九州の沿岸部や島などがスポットと言えるでしょう。鹿児島の黒島、竹島、硫黄島や鹿児島本港の沖合いの北埠頭沖堤防には定評があるようです。訪れた際に挑戦してみましょう。

イラには毒がある?

イラにまつわる誤解

イラは名前の由来になっているように、釣り上げたときに噛みついてくることがあるため注意しましょう。たまに毒があるのでは?と心配される人がいるようですが、無害ですのでご安心ください。しかしながら、その歯はなかなか鋭く、威勢よく歯向かってきますので十二分に注意しましょうね。

NEXT イラのさばき方