シーバスタックルの選び方のポイントや仕掛けをそれぞれ解説!シーバス釣りを始めよう!

砂浜や磯の場合

特定の砂浜や磯などでは、「9ftのロッドだと長さが足りないな」というときがあります。特に遠浅砂浜でキャストするときや波が高い日に釣行したときは、魚のいるポイントにルアーが思うように届かなかったり、ロッドやラインが波に影響されやすく、ルアーの操作がしにかったりします。砂浜や磯では、長さが10ft(約3m)より長いシーバスロッドを選ぶとよいでしょう。硬さは「ML」または「M」が向いていると思います。

釣り場が狭い場合

湾奥の運河や海岸など、釣る場所が狭いところ(後方や周りに障害物があるなど)でシ-バス釣りをする場合は、ロッドが長いとルアーを思うようにポイントに投げることがむずかしくなるときがあります。そんなときは、8ft(約2.4m)の短かいシ-バスロッドを選ぶとよいと思います。ロッドの硬さは、ミノーを中心に使いたいときは「L」タイプを、重たいバイブレーションなどを使うときは「ML」タイプを選びましょう。

軽いルアーを主に使う場合

バチ抜け(イソメやゴカイ類が産卵のため、砂から這い出して抜ける事)やマイクロベイト(子ボラや稚鮎などの小魚)のシーズンでは魚がすれているという理由で、小さく、軽いルアーを使うことがあります。MLのロッドは、軽いルアーを遠くへキャストしたり、アクションをつけたりするのは向いていませんので、軽いルアーを主に使うときは、Lのシ-バスロッドをおすすめします。

ボート釣り

ボート釣りのシ-バスロッドは、6ft(約1.8m)MLタイプのものが使われます。ボートで使うロッドは、遠投重視すと正確なキャスト重視がありますが、遠投重視の釣りのときは6~7ftを、正確なキャスト重視の釣りのときは5~6ftの長さを目安にして選びましょう。ロッドはスピニング用とベイト用がありますが、ベイトタイプだとベイトリ-ルを使うため、キャスト練習が必要で、ライントラブルになる場合もあるので、初心者にはむずかしくて不向きだと思います。

おすすめロッド

ロッドをニーズに合わせて選択しよう

シーバス釣りのロッドは数多く出されていますが、特に人気のあるもの中からおすすめの3選を紹介します。自分のニーズ合わせて選んでほしいと思います。

おすすめ①「ダイワモアザンエキスパートAGSスピニングモデル 93L/M-S」

※繊細な釣りを追求される方には、このエキスパートAGSがおすすめです。軽めのルアーを確実にキャストする柔軟さや強反発力が期待でき、正確なキャストと感度のよさでシーバスを釣り上げることができると思います。価格の高いロッドですが、性能は価格に見合っており、最強のシーバスロッドだと言えます。

 おすすめ②「YAMAGA Blanks EARLYプラス 710XF」

出典:楽天市場

※ジグヘッドの2gから取り扱うことが可能なシーバスのロッドです。他のロッドには、あまり見られない独自なものを持っており、このロッドの短さを活かして、確実なキャストにより障害物に隠れているシーバスを狙うような釣りに最適なロッドだと思います。

おすすめ③「シマノ ディアルーナ S86ML (シーバスロッド)」

出典:”楽天市場

※ディアルーナ独自のハリの強さとシャープさは健在です。使った感じも旧モデルと同じで、さらに大幅な軽量化がすすんでいます。ロッドも軽いので、感度がよく、取り回しも大変優れています。軽さだけで言えば、値段の高いモアザンと同じように軽くなりました。しかし、旧シリーズで言われていた固さは、そのまま残っています。ベイトシーバスをされる方には、短めのディアルーナ B76MHがおすすめです。

シーバス釣りのリールの選び方

スピニングリールとベイトリール

シーバス釣りには、2500番~4000番を基準にリ-ルを選んでほしいと思います。シーバス釣りでは、スピニングリールとベイトリールの2種類があります。スピニングリールは、キャストがしやすいため初心者でも安心して使え、どこでも使えるリールです。ベイトリールは、手返しの面でメリットがあり、パワーのあるシーバスのファイトを楽しめますが、バックラッシュというラインのトラブルが出る可能性があるので、初心者には取り扱いがむずかしいと思います。ある程度の慣れが必要です。

NEXT おすすめリール