ショックリーダーおすすめ6選!結び方の特徴と選び方を解説

おすすめショックリーダー⑥クレハ社製シーガープレミアムマックスショックリーダー

出典:Amazon

フロロカーボン製ショックリーダーの傑作です。同じ太さのほかのフロロ製品より、1クラス上の強度を誇るため、その分細いものを使用できます。さまざまな点でショックリーダーが細いと優位に立つことができます。特にルアーの操作感が格段に上がるでしょう。

さらに、このプレミアムマックスショックリーダーは、ほかのフロロ製品には無いしなやかさがあり、容易にメインラインとの結束ができるのです。強さとしなやかさを兼ねそろえたフロロカーボンショックリーダーの傑作を使わない手はありません。

ショックリーダーの長さや太さはどのくらいにするの?

場所や釣り方、対象魚に合わせてショックリーダーの長さを決めますが、一般的には対象魚のサイズの2倍の長さにするのがよいといわれています。釣りのスタイル別では、ルアーキャスティングでは、リーダーがロッドガイドに入って引っかかるのを防ぐために1メートルくらいと短くし、深場でのジギングなどは長めに設定し大物に備えます。

太さはメインラインより強度が強くならないようにするため、メインラインと同じか細いものを使用します。ショックリーダーの強度が強いと、メインラインブレイクにつながってしまい、大事なメインラインをかなり失ってしまう恐れがあるからです。

ショックリーダーはどうやって結ぶの?結び方はあるの?

結束部ができるだけ小さくなるように、メインラインとショックリーダーを結ぶのがベストです。そうすることでロッドガイドへの干渉や負担を軽減することができ、キャストの飛距離アップにつながります。

メインラインとショックリーダーそれぞれの素材によって、おすすめの結び方があります。メインラインとショックリーダーを結束したものを「ラインシステム」または「リーダーシステム」と呼びます。

フィッシャーマンズノット

この結び方は、ナイロン製メインラインとフロロカーボン製ショックリーダの組み合わせにおすすめです。結束部を小さくできるため、スムーズなガイド通りでキャスティングにも影響しません。いろいろな種類のラインにフィッシャーマンズノットは対応可能なので憶えておきましょう。

FGノット

メインラインがPEでリーダーがナイロンまたはフロロカーボンのソルトルアー仕様での、とても人気のある結び方です。スリムな結び目はガイドに引き込んでもスムーズに通るのでキャスティングに影響しません。結束力も高く慣れると短時間で結べるようになるため、とても実用性が高いのが人気の理由でしょう。

トリプルエイトノット

とても簡単で素早く結べるので初心者向けの結び方ですが、強度もありアジングなどのライトゲームを楽しむルアーマンにとても人気があります。さまざまな場面で使える凡用性の高い結び方でもあるので、初心者の方は早く結び方をマスターしましょう。

ミッドノット

船から大物狙いの投げ釣りやジギングで使われる結び方です。FGノットと同じライン同士の摩擦で結束力を得る摩擦系ノットですが、FGノットよりも比較的簡単にできるので初心者の方でも組みやすく、それでいて結束力は強力なのでぜひ憶えておきたいです。

他にもラインの結び方はたくさんあります。こちらでは他の結び方もご紹介しておりますので、ぜひご参考くださいね。

おすすめアイテムで初心者も安心

メインラインとショックリーダーを結束させるのは、釣りをするうえで避けては通れません。前述した結び方以外にも多くの種類があり、ラインの素材やフィールドの状況、釣りのスタイルなどを考慮して、適した結び方を選びラインシステムを作ります。

ですが、じっくり組み上げたラインシステムが思わぬトラブルで切れたり、釣り場が考えていた状況と違うなどして、新たにラインシステムを作らなくてはならないことも多々あります。そのような時に活躍するのがノットアシストツールです。初心者の方もこれを使えば、複雑で強度の高い結び方を簡単でスピーディーに組み上げることができるのです。

昌栄 システムスティック

出典:Amazon

使用頻度の高いFGノットを簡単かつスピーディーに組めるようになります。本体をベストなどに取り付けて固定しますので、両手を自由に使うことができ、メインラインのテンションを調整しながらしっかりと編み込むことができます。シンプルなデザインながら締め込みとハーフヒッチも対応できるので、フィールドでは欠かせないアイテムです。

NEXT シマノ ボビンワインダーライトタイプ