【閲覧注意】ひよこミキサーの動画とは!残虐的?畜産的許容?哲学的?

東大生正答率8%

Pixapopz / Pixabay

東大生への問いかけに関しての解答は前述させていただきました、「ミキサーにより失われたものは生物学的な組織であり、生物としての組織と機能は生物に必要なものである」とされています。しかし東大生の正答率は8%と、知る人ぞ知る超難問である事がわかります。

哲学心理としての答え

Couleur / Pixabay

哲学や心理学には決まった答えは存在しません。しかし、統計的に多く寄せられているひよこミキサーに関する回答をご紹介させていただきます。ひよこをミキサーにかけた前後で失われたものとして最も多かったのは「ひよこの命」、また「人としての理性」や「形」、「道徳心」などといった回答が多く答えられています。

動物が殺処分される、その他の理由

sasint / Pixabay

私たち人間同様、地球上へ奇跡の中で生を受けた動物が人の手によって命を奪われる理由は多種多様です。特に畜産業では人の命を守るためという様々な原因や結果に基づいて殺処分が行われています。ここではどういった理由で殺処分が行われているのかをご紹介させていただきます。

感染症にかかったから

RoyBuri / Pixabay

畜産業界の中で殺処分が行われている最もな理由が感染症問題にあります。豚コレラや、鳥インフルエンザといった人獣共通感染症にかかった飼育場は法律として感染の有無を問わず、全ての飼育動物の殺処分強いられています。

これは人が口にする食品を生産している上で、人にかかる危険のある感染症を未然に予防するための措置として実際に行われています。過去のニュースにも取り上げられていますが、豚コレラが見つかった養豚場では567頭が一度に殺処分されたり、口蹄疫で29万頭の牛や豚が殺処分されているのが事実なのです。

怪我をしたから

ATDSPHOTO / Pixabay

競走馬など競技動物に多く見られる理由ですが、怪我をし走れないと診断された馬は薬物での殺処分が行われています。名馬として名を轟かせていた数多くの馬たちが怪我をしたからという理由で、人の手によって命を絶たれているのです。

人間の身勝手さ

Free-Photos / Pixabay

私たちの身近なところでも殺処分は毎日のように行われています。2018年に公開された犬の殺処分数は8.000頭を上回るとされています。野良犬などの動物は狂犬病関連により国の法律として捕獲され殺処分の対象とされていますが、どうして野良の動物がいるのでしょうか。

多くは望まれない繁殖や飼育放棄により元々は飼い主の板動物がほとんどです。人間の身勝手な行動により生を受けた動物たちが、人の手によって日々「処分」されているのです。果たして命とは人が操作していいのかどうかも考えなければいけない問題ではないでしょうか。

殺処分には他にどんな方法がある?

Bhakti2 / Pixabay

数多く殺処分の手法が存在します。どうせ殺処分には変わりないからと手段は気にしていない方が多くいらっしゃるのも事実です。しかし、本当にそうでしょうか。畜産業に関りのない方も「知る」という重大かつ強力な責任がある事も確かなのです。

電気ショック

Couleur / Pixabay

殺処分の方法の中で豚の殺処分に使用される手法は電気ショックが多い傾向にあります。しかし実際は電気ショックで死ぬわけではなく、電気ショックで意識不明の状態に追い込み、その後頸動脈を切り失血死させるという方法です。

NEXT