ズンドコベロンチョの意味とオチのネタバレ!世にも奇妙な物語で話題に!

ズンドコベロンチョはタモリが一番好きな作品!

kropekk_pl / Pixabay

世にも奇妙な物語はオムニバス形式のドラマですが、唯一毎回登場するのはタモリさんだけです。そんなタモリさんが、これまでの物語の中で一番記憶に残っている話として「ズンドコベロンチョ」を挙げました。

恐ろしいストーリーや不思議な物語はいくつもあり、毎作品に触れてきたタモリさんが一番好きな作品と紹介したことで、ズンドコベロンチョの人気が再燃することとなりました。

ズンドコベロンチョはSMAPが司会の番組で紹介された

RonPorter / Pixabay

「SMAP PREZENTS ドラマの裏の本当のドラマ」というフジテレビの特番は、これまでフジテレビで放送された名作ドラマを振り返るといった内容でした。

その特番の中で、タモリさんがVTR出演し、400作品以上の作品が放送された「世にも奇妙な物語」の中で最も好きな話を紹介するコーナーがありました。

mohamed_hassan / Pixabay

「強いて一つ上げるとすれば」と言い、紹介されたのがズンドコベロンチョです。ワイプで見ていたSMAPやほかの俳優たちも、とても楽しんで見ていたのが印象的でした。

この特番は2009年に放送されたのですが、2015年にズンドコベロンチョがリメイクされるに至ったひとつの要因になったのではないかとも思われます。

実際に起きた奇妙な事件はこちらをご覧ください

ズンドコベロンチョの画像とは?

Simon / Pixabay

ズンドコベロンチョの画像を検索すると、本作(2015年版を含む)のキャプチャ画像が多く、実態を捉えた画像は当然出てきませんでした。

ネット上ではズンドコベロンチョについて考えている画像や、または意味のない写真や画像などに「意味のないもの」という意味合いで「ズンドコベロンチョ」というタグが使われています。

ズンドコベロンチョはキチガイ顔文字が発する言葉でもある?

Estefano / Pixabay

ネット上では様々なAAが存在しますが、その中に「キチガイ顔文字」なるものがあります。ナンセンスでカオスなものばかりで、意味不明すぎて面白いAAです。

└(՞ةڼ◔)(ヌベチョン)というイカれた見た目のキャラクターが発する言葉という説もあるようです。しかし先述したズンドコベロンチョの誕生秘話から考えると、やはりこちらは後発的であると考えられます。

ズンドコベロンチョのような「リドル・ストーリー」作品を紹介!

Comfreak / Pixabay

「リドル・ストーリー」とは物語の形式の1つで、物語中の謎が明確に明かされないまま終了することを主題とした話で、「なぞかけ」を意味するリドル(riddle)が使われています。

ズンドコベロンチョは「リドル・ストーリー」のひとつ

DGlodowska / Pixabay

作中では最後までズンドコベロンチョが何なのか明かされず終了していたので、もちろんリドル・ストーリーのひとつであると言えます。

そしてドラマや映画だけでなく、文学作品や落語にもリドル・ストーリーは存在します。

リドル・ストーリー①「女か?虎か?」

aliceabc0 / Pixabay

F・R・ストックトンによる短編に「女か?虎か?」という作品があります。この物語は身分の低い若者と王女が恋をするところから始まります。

憤慨した国王が若者を罰するのですが、2つの扉のうち1つを王女に選ばせるといった処罰の方法をとります。

1つの扉を開けると飢えた虎が待ち受けており、もう1つの扉を開けると美女が立っています。そのどちらか一方を選択するだけで良いのですが、王女は決断を渋ります。

SarahRichterArt / Pixabay

虎の扉を開けると、当然若者は食べられてしまう訳です。しかし反対に美女の扉を開けた場合、若者は美女と結婚することで無罪となり解放されるという条件がついているのです。

王女としてはどちらも耐え難いのですが、考え抜いた末、最後は1つの扉を指さして若者に教える、といったところで物語は終了します。どちらを選んだかは判明しないままです。

これは典型的なリドル・ストーリーであり、結末は存在せず読者に委ねられています。一見モヤモヤした不満を与えそうですが、この考えさせられるオチは非常に評判が良かったようです。

NEXT リドル・ストーリー②「藪の中」