古田順子を襲った残虐事件の真相!女子高生コンクリート詰め事件の真実

家族の共有時間を濃くする

28703 / Pixabay

共働きが多い世の中で、0歳児から保育園に通う時代です。働けば経済的ゆとりは生まれますが比例するかのように時間が少なくなります。当然、子供との密な会話も減るでしょう。

子供はお金で満たされたいのではありません。親とのコミュニケーションを求めています。1分でもいいから今日あった出来事をおさらいのように母へ話したいのです。

愛より勝る薬はない

Nietjuh / Pixabay

上記の少年らの生い立ちを振り返ると全員が複雑な家庭です。現代でも離婚率が上がっていますので同じような境遇のファミリーが多いはずです。運命の分かれ道は、相手を想う愛情を持つかです。

24時間しかないので、忙しいと焦ります。少しの時間でも温かい対応はできるのです。目を見て会話します。ハグもできるでしょう。愛情表現に勝るものはないのです。

marcisim / Pixabay

親の背中を見て育つともいいます。後姿ばかりを見せていたら気持ちは遠のきます。真正面に向き合って、テストが100点じゃない、野菜が嫌いで食べなくても、同じ空間にいてくれれば幸せを感じているという無償の存在であることを伝えていくべきではないでしょうか。

再犯を防ぐには

TheDigitalArtist / Pixabay

多くの少年犯罪は再犯率も上がります。どうしたら再犯率が防げるかは、家族一丸となって奮起することではないかと察します。

悪のレールに入りこんでしまったのは単独ではなく、生い立ちや環境などの重なったものからの結果であるはずです。

annca / Pixabay

再犯させないためにも、穏やかな時間を共に過ごして、時間を取りもどすかのように親子の関係を改めてみることが再犯防止になるはずです。血がつながっている以上、じっくり向き合えば必ず共感できるのです。

古田順子の事件でわかる凶悪化していく少年犯罪

xusenru / Pixabay

偶然が巡り合わせてしまった古田順子と非行少年たちです。善悪の判断もできないような悪魔たちに消された遺体は、壮絶な日々を絶えたことを物語っておりました。

法律とは何のために存在するものかを考えさせられます。刑罰が軽かったゆえに再犯をし塀での暮らしを余儀なくされる男たちもいます。

Waldkunst / Pixabay

どの年代でも命を奪うことは極悪であり、今後も変わることはないでしょう。命あってこそ喜び、悲しみ、幸せを感じるのです。

古田順子から全てを奪った罪は大変重く一生消えない代償なのです。彼女の死を無駄にしないためにも、今後全く犯罪がゼロになる日は訪れませんが、防げる出来事もあるはずです。

truthseeker08 / Pixabay

何か変化があるなと感じたら救いの手をサッと出せる優しい社会であってほしいと願います。

湊伸治に関する記事はこちら

飯島愛に関する記事はこちら