魚を一網打尽!ジグサビキのおすすめの仕掛けや釣り方を解説!

リフトとフォールを繰り返す

ジグサビキでもっとも重要なポイントは、「リフトアンドフォール」と呼ばれる竿の動かし方です。いったん水底に沈めた仕掛けを、上方向に垂直に引き上げるアクションが「リフト」です。引き上げた仕掛けを、もう一度下方向に沈めるアクションが「フォール」です。このリフトとフォールを繰り返すのが、ジグサビキに不可欠な動かし方です。

魚は視界から出たり入ったりするものに興味を持つ

リフトアンドフォールのアクションは、魚の習性を利用したものです。というのも、魚は視界から外れたものに興味を持つ習性があります。また、上方向から視界に入ってくるものも、餌と勘違いする傾向があります。こうした習性を踏まえると、仕掛けを上下に動かすアクションは、魚に対してとてもよくアピールすることができるのです。

ジグサビキの釣り方② 小型の魚編

遠くに投げる必要はない

小さなサイズの魚は、岸からそれほど離れていない場所でも十分に釣ることができます。したがって、あえて遠くまで投げる必要はありません。遠くに投げると、それだけ投げる回数が減ってしまいます。それよりも近くに投げて、投げる回数を多くしたほうが釣れる確率が高まります。

ジグサビキの釣り方③ 青物(中型・大型)編

遠くに投げる必要がある

一方で、中くらいのサイズや大きなサイズの魚は、岸から離れた場所にいることが多いです。そのため、遠くに投げるほうが釣れやすくなります。遠くに投げるためには、硬く短めの竿や軽すぎないジグを選ぶことが大切です。

ジグサビキのタックル

竿① 小型魚を狙う場合

小型の魚を狙う場合は、先ほど説明したように、仕掛けを遠くまで投げる必要はありません。そのため、竿を選ぶ際に「遠投しやすいかどうか」をそこまで重視しなくてもよいでしょう。遠投するためには竿の硬さが重要になりますが、小型魚を狙う場合はある程度の硬さで大丈夫です。

小型魚を釣るためには、遠投できるかどうかよりも「手元で小回りが利くかどうか」のほうが重要です。したがって、短めの竿を選ぶとよいでしょう。ある程度の硬さがあって、短めの竿がベストです。

竿② 中型魚・大型魚を狙う場合

中型・大型魚を狙う場合は、仕掛けを遠くまで投げるほうが釣れやすくなります。したがって、竿を選ぶ際にも硬さが重要な要素となります。また、硬さだけでなく長さも重要です。短い竿だと、いくら硬くても弾力が出ないため、飛距離も出ないからです。

そこでこの場合には、硬く長い竿を選ぶとよいでしょう。長さについては、具体的には4m程度の長さがあると理想的です。中型魚・大型魚の場合はジグにある程度重さがあるため、竿の硬さもそれに合わせるとよいでしょう。

道糸① 小型魚を狙う場合

小型魚を狙う場合は、遠投をする必要はありません。そのため、道糸を選ぶ際には、遠くに投げやすいものでなくても構いません。遠くに投げやすいかどうかよりも、リフトアンドフォールの動かし方をしやすいかどうかのほうが大切です。

リフトアンドフォールの動かし方をするには、道糸が水中に沈みやすいことが必要です。そこで、フロロカーボン製の道糸を選ぶとよいでしょう。フロロカーボンは比重が水よりも高いので、水中に沈みやすいという特性を持っているのです。

NEXT 道糸② 中型魚・大型魚を狙う場合