ユニフレームの焚き火テーブルがすごい!魅力やスペックを徹底解説!

ユニフレームの焚き火テーブルのメンテナンス

調理しているときに熱い鍋やダッチオーブンなどを直に置くことができますが、使っているうちに、焦げが付くことがあります。そのまま使用しても問題はないのですが、きれいな状態で使いたいのでこの天板の焦げの落とし方を紹介します。

焦げ落としの方法

出典:Amazon

焚き火テーブルの天板の素材は、ステンレス製なので、家庭用で使っている調理鍋ややかんの焼けに使っている洗剤が便利です。ホームセンターなどで手に入りますので試してください。素材の特徴から、汚れも落としやすく便利です。

重曹を使って落とす

出典:Amazon

家庭用の調理ガスコンロなどの焦げを落とすことで知られている重曹ですが、焚き火テーブルの焦げも落としてくれます。重曹をペースト状にして気になる焦げ部分に伸ばして約1時間くらい放置しておきます。それから拭き取れば完了です。重曹は、100均などで安く入手できますので、試してみてください。

ユニフレームの焚き火台と合わせて使える便利アイテム①ユニフレーム ざたくII (ZATAKU II)

出典:Amazon

持ち運びしやすく、折りたたみ式のローテーブルになります。同じ高さなので連結して使用することができます。天板は、ウッド仕様で上質さと温かみを感じることができます。収納は、2つ折りたためるのでコンパクトに持ち運びができてとても便利です。ピクニックなどの利用に適しています。

スペック

使用時:約730 × 550 × 高さ370 ㎜、収納時:約365 × 550 × 厚さ95 ㎜、重量:約4.8 kg
材質:天板/シナベニヤ合板(12㎜)、脚/アルミニウム
耐荷重:約30 kg

ユニフレームの焚き火台と合わせて使える便利アイテム②スノーピーク(snow peak) ローチェア30

出典:Amazon

立ち上がりたくなくなるリラックス感、食事も作業もしやすい安定感、コンパクトに収納できて、自宅でもうれしく、座面が低いことで、ゆったり座れるロースタイルのチェアです。座面の高さを地上高約300㎜に設定しています。中央収束タイプの収納なので持ち運びや保管も便利です。腰を包むような座り心地は、まるでソファーに座っているような感じになります。

スペック

サイズ:約580 × 650 × 860 ㎜、収納サイズ:約160 × 180 × 1010 ㎜、重量:約3.6 kg
材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル

ユニフレームの焚き火台と合わせて使える便利アイテム③ユニフレーム 焚き火テーブルトート(収納ケース)

出典:Amazon

焚き火テーブルが2枚収納できるトートバックになります。テーブルが2枚収納できるところがポイントで、キャンプに、2セット必要なのでしょうか。6号帆布生地は、ハリとコシがありますのでとても頑丈な生地を採用しています。持ち運びにもとても便利です。

スペック

サイズ:約560 ㎜ x 55 ㎜ x 400 ㎜、重量:約420 g、素材:6号帆布・パラフィン加工

ユニフレームの焚き火台と合わせて使える便利アイテム④ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

出典:Amazon

卓上での調理に安定感のあるゴトクが存在感を発揮してくれます。抜群の安定感で、大鍋やダッチオーブンの調理を可能にしてくれます。周りを囲って、親しい仲間や家族と鍋料理を楽しみことができます。

スペック

サイズ:約200 ㎜ x 200 ㎜ x 90 ㎜、重量:約900 g、ハイパワー:約3,900 kcal、使用燃料:カセットガス

ユニフレームの焚き火台と合わせて使える便利アイテム⑤ユニフレーム ユニセラTG-III

出典:Amazon

ユニセラTG-IIIは、四季を通じて旬の食材を手軽に気楽に味わえる卓上バーベキューグリルです。焚き火テーブルの上でバーベキューが楽しめます。

スペック

使用時:約315 ㎜ x 250 ㎜ x 190 ㎜、収納時:約315 ㎜ x 165 ㎜ x 85 ㎜、重量:約3.1 ㎏                                                材質:本体/ステンレス鋼+特殊セラミック、ワイヤー網・ロストル・灰受け/ステンレス鋼

ユニフレームの焚き火テーブルを使いこなそう

ユニフレームの焚き火テーブルのすごさを紹介してきました。この耐久性の高さは、長く使いこなせる重要なポイントではないでしょうか。ユニフレームのテーブルは初心者からベテランまで幅広く使えておすすめの商品です。次のキャンプには、ユニフレームの焚き火テーブルを自分のスタイルに取り入れて楽しんでみてください。

ユニフレームのファイアグリルに関する記事はこちら