ソデイカってどんなイカ?釣り方やレシピもご紹介!

ソデイカの旬

ソデイカの旬は10月頃から晩秋、初冬に入った頃から冬の釣りとして楽しめます。冷凍されたものは年中手に入りますが、生は秋にまとまって出回りはじめます。価格は安定して、胴の部分が食用として扱われます。

ソデイカの料理のレシピ

お魚屋さんで、ソデイカなんて売ってるのはあまり聞いたことがないという人でも、知らない間に口にしているはずです。刺身はもちろん、冷凍ロールイカ、イカステーキ、味噌漬け、イカの天ぷらなどとして、スーパーで並んでいます。

肉厚の肉質はボリュームもあり、ご飯と合うものばかりです。ソデイカを美味しく食べるためには、まず、捌いてすぐには食べないことです。イカは鮮度が大事であることが一般的なのですが、ソデイカは食感や旨味をひきだすため一度冷凍して食べます。

ソデイカは刺身がおいしい

ソデイカはさばいてすぐは、硬い上に味がないのですが、冷凍することで、筋肉質である身の組織が壊れ、柔らかくなり、独特のモチモチネットリした食感と、旨味がでます。そのままだと硬くて味がないイカです。イカにもよく見られるアニサキスも冷凍することで死滅しますのでより安心して美味しくいただけます。

ソデイカの煮つけは一度食べたら病みつきになる味

ソデイカの煮付けは一度食べたら病みつきになりますよ!大根や里芋などと一緒に煮るのがおすすめです。ご飯がすすむ、お酒もすすむ一品です。ソデイカは煮すぎるとかたくなってしまいますので、大根や里芋にが煮えたら、ソデイカを加えてさっと煮るのがコツ。あとは冷まして味が染み込むのを待つだけです。

ソデイカが一緒にいるのはつがいだから?!

ソデイカはよくペアでいる!

ソデイカは、タルイカという名も持ちますが、樽イカと書き、イカスッテと呼ばれる大きな仕掛けを樽にかけて釣る漁法から生まれた名前です。このイカスッテは2つ仕掛けらることが多いのですが、実はソデイカはペアでいることが多いため、2つ仕掛けられます。ペアでいることから、夫婦イカ、また仲良くペアで浜に打ち上げられているところから心中イカとも呼ばれています。

NEXT 必ずつがいとは限らない