サワガニを食べる|食べ方や下ごしらえの方法も紹介

皆さんはサワガニを見かけたこと、食べたことはあるでしょうか。サワガニって何だろう?何となく知ってはいるけど、食べられるの?と思われた方も多いかもしれません。今回は、日本各地に生息していながらあまり知られていない、食べてみると案外美味しいサワガニの食べ方や下ごしらえの方法についてご紹介させていただきます。

この記事をかいた人

か弱きアウトドアファン。もう少し体力をつけて、ディープなアウトドアにも挑戦してみたいです。気軽にアウトドアを楽しんでもらえるように、分かりやすい記事を作成できればと思います!

サワガニは食べておいしいカニ 

サワガニは日本の川に生息するカニ

カニの中では、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニなど海に生息しているカニが有名ですが、川に生息しているものもおりサワガニはその代表。日本固有種で、淡水のみで暮らす日本で唯一のカニです。

水のきれいな小川などに住んでいますが、きれいな川さえあれば住宅街近くでも見つけることが出来ます。北海道や沖縄以外のほぼ日本全国で見ることができます。

サワガニはおいしい

なかなか普段の生活で食べる機会少ないサワガニですが、処理さえきちんとすれば、安全に美味しく頂くことが出来ます。調理方法も難しい行程はなく、ポイントさえ押さえればとっても簡単。小柄なカニなので、調理後は一口でパクッと食べられる手軽さもあります。

サワガニの生態

体長は10cm以下ほどと、カニの中ではとても小柄な部類に入ります。通常のサワガニは、焦げ茶色の甲殻とオレンジ色の脚を持っていますが、生息地によって紫色や青っぽい色をした、面白い色味のサワガニが見られることもあります。

オスとメスの違い

オスは、成長していく中で片方のハサミだけが大きくなっていきます。一方メスのハサミは小ぶりで、左右で大きさはあまり変わりません。また、産卵期のメスのお腹には、卵をかかえるための毛が生えていることもあります。

サワガニを食べる|旬

NEXT サワガニを食べる|旬