お礼参りをしよう!正しい作法やマナー、必要な物をご紹介!行けない時の対応も

神社と神宮の違いは?

Mariamichelle / Pixabay

神社には神宮や大社などいくつか呼び名があります。これら全てにお礼参りは必要なのでしょうか?呼び名による違いは一体何なのかを解説し、また八幡神社や稲荷神社など、同じ名前で全国にいくつも存在する神社についても解説します。

大社や神宮は神社の称号

神社はある基準によって呼び名がつけられます。皇室の先祖の神様を祀っている神社は「神宮」と呼ばれ、神社の中でも最高位の称号です。伊勢神宮をはじめ全国に数えるほどしか存在しません。「大社」の称号はもともと出雲大社だけを指すものでしたが、今ではある程度格式の高い神社に対しても大社がつけられるようになりました。

「神社」や「社」は神宮や大社ほどの格式がない、一般的または小規模な神社につけられる称号です。つまり、どれも神社であることに変わりないのです。格式など気にせず、自分が選んだ神社に行って構いません。

同じ名前の神社が存在する

vivi14216 / Pixabay

日本には同じ名前の神社が複数あり、特に「八幡」や「稲荷」は全国いろんな場所に存在します。同じ名前の神社がある理由は、同じ神様を崇めている神社が全国にいくつもあるからなのです。祀っている神様や格式によって名付けられているだけで、いずれも神社に変わりありません。

八幡宮や稲荷について

武運の神である八幡神を崇める神社は「八幡宮」や「八幡神社」と名付けられ、大分県にある宇佐神宮を総本山とし全国に約44000社も存在します。稲荷神を崇めているのが「稲荷神社」です。京都の伏見稲荷神社を総本山とし、こちらも全国に約30000社ほどあります。

それ以外にも「天満宮」や「東照宮」も崇める対象で名前が決められています。合格祈願や交通安全などの様々な望みに対し、それぞれの望みに合った神様が存在すると考えられています。どの神社が適しているかあらかじめ確認をしておくことをお勧めします。

お礼参りして神様にしっかり感謝を伝えよう!

DeltaWorks / Pixabay

いかがでしたでしょうか。皆さんは誰かがお願いを叶えてくれた時には当然お礼を伝えていたと思います。しかしお願い事を成就してくれた神様に対してお礼を伝えていなかった事に気が付いた方も多いのではないでしょうか。これまでご存知なかった方は、ぜひマナーや作法を守って感謝の気持ちを神様に伝えてみてください。

珍しいご利益のある神社に関する記事はこちら

インド最古の宗教に関する記事はこちら