ソロキャンプに車で行く!車中泊のメリットや持ち物、おすすめの車をご紹介!

ソロキャンプ車中泊を快適に過ごすアイテム

車中泊を快適に過ごすアイテムもたくさんありますが、絶対に外せないものはマルチシェードです。車中泊での困りごとで多いのが、外の電灯で眠れない、トラブルに遭わないように防犯したい、寒さ暑さ対策をしたいとのことですが、それらをすべて解決してくれるのがマルチシェードです。車種ごとにピッタリ合うものも販売されているのでこれは是非準備しておきましょう。

ソロキャンプ車中泊の注意点

車中泊での注意点としては、まずエンジンをつけっぱなしにしないことです。アイドリング状態にしておくと、音も大きく場所によっては周りの迷惑になる可能性があります。さらに排気ガスがたくさん排出されるので、一酸化炭素中毒の危険性もあります。寝るときは必ずエンジンを切るようにしてください。

車中泊におすすめの車

車中泊で最も重要なのは室内の広さです。室内が狭いと長い時間同じ姿勢で過ごすことになり、エコノミー症候群を発症させてしまうリスクが高くなります。ですから車内という限られた空間の中で、いかに広いスペースを確保できるか、いかにフラットなスペースを確保できるかが重要になってきます。そうなると多彩なシートアレンジが可能な軽自動車やミニバンなどがおすすめでしょう。最近は軽のバンを自分でカスタムして、キャンピングカー仕様にするのがとても流行っています。特にスズキのエブリイバンは軽とは思えないほどの広さとフラットさを兼ね揃えています。コストパフォーマンスに優れた軽を、自分好みにアレンジするというのもいいかもしれませんね。

ソロキャンプに必要な持ち物

ソロキャンプは一人分の荷物を準備するだけでいいのですが、一人分の荷物といってもそこはキャンプ。ここではソロキャンプに必要な最低限のアイテムをまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

テント

今回ご紹介している車中泊ではテントは不要ですが、使う場合には1~2人用のなるべく軽量のものがおすすめです。テントは広げた時の大きさも大事ですが、畳んだ時の大きさも大事です。なるべくコンパクトに収納できるサイズのものがいいでしょう。雨対策にはフライシートなどがあると便利です。さらに大雨になると床から水が入ってくるので、床にはある程度厚みのある防水シートを敷くのがおすすめです。ソロキャンプ用のおすすめテントはこちらで紹介しております。

シュラフ

車中泊とは言っても、快適に眠るためにはやはりシュラフは必要です。キャンプに慣れている人でも意外と身体は緊張しているので、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなりがちです。さらに季節によっては、夜思いがけない寒さで寝れなくなったり、キャンプでの睡眠が原因で体調を崩してしまった、ということにならないためにもシュラフの素材や形状、寝心地や保温状態は必ず確認しておきましょう。できれば夏用と冬用を準備しておいて、シーズンによって使い分けるのがいいでしょう。おすすめのシュラフについてはこちらの記事で紹介しています。

シュラフマット

シュラフマットには、地面からの熱を逃がさないことと地面からの体に当たる衝撃を和らげる働きがあります。シュラフマットもできれば季節によって使い分けると良いのですが、厚みがありすぎたり何枚も重ねると荷物がかさばってしまうので、なるべくコンパクトに使えるものがおすすめです。シュラフマットには、折りたたむタイプと空気を入れて膨らませるタイプがあります。空気を入れるタイプでは、収納するとき空気を抜けばコンパクトになりますので、より荷物を軽量化したい場合はこちらのタイプがおすすめです。

NEXT チェア