大分一家6人殺傷事件とは?犯人の動機や現在、被害者一家のその後に迫る

犯人が幼少の頃、母親が他の男と家出していた

出典:PhotoAC

少年が幼少(3~4歳)の頃、母親は家にいませんでした。家を出て、職場で親しくなった男性と暮らしていたのです。父親の、感情の起伏が激しい性格にも原因があるのではないかとの噂もありました。

父親は、廃棄物処理会社に勤め始めた時期でしたが、少年を連れて出勤し、勤務先で面倒をみる日もありました。会社内では猫を飼っていました。この時期に、会社の猫を乱暴に扱っている父親の姿が目撃されています。

父親はダンプの運転手だったため不在の日も多く、少年は幼少の頃も孤独な時間が多かったようです。母親が戻った後は、何事もなかったかのように元の生活に戻りました。

大分一家6人殺傷事件の犯人が育った家庭環境

出典:PhotoAC

「感情の波が激しく家族を怒鳴り散らす父親」と、「一時期とはいえ、幼い息子を置いて家を出て、父ではない男性と暮らしていた母親」によって、大分一家6人殺傷事件を起こした少年は育てられました。

父親と母親、「どちらの方が常識的だったか」と近隣住人に尋ねると、「母親の方が常識的だった」との返答がありましたが、どちらにせよ「一般的とは言い難い家庭環境」でした。

犯人は父親から体罰を受けている所も目撃されている

家族を怒鳴り散らす父親だったので、少年に対しても容赦はありませんでした。怒鳴り散らすだけではなく、少年の体が浮かびあがるほどの力で蹴り飛ばす場面も目撃されています。

少年にとって父親は『絶対的な恐ろしい存在』であり、「のぞきや下着泥棒が父親に知られると怒られる」「家にいられなくなる」という恐怖心は、大分一家6人殺傷事件を起こした一因となっているといえます。

事件が起こるまでは被害者一家との交友関係も良好だった

出典:PhotoAC

被害者一家と犯人一家は隣同士であり、被害者宅の家主と少年の父親は釣り仲間だったため、大分一家6人殺傷事件の1週間前(被害者宅の家主が苦情を言いに来た日)までは両家の交友関係も良好でした。

少年は、小学生の頃は長女と仲が良く一緒に登校していました。中学生の頃は長男と仲が良く同じ部活動の先輩と後輩の間柄でした。次男とは、大分一家6人殺傷事件の1週間前まで一緒に遊んでいたほど仲良しでした。

大分一家6人殺傷事件の犯人の表向きの顔と闇の顔

dimitriwittmann / Pixabay

少年は、下着泥棒をした自分の罪を軽く捉え、自分を「のぞき犯」だと言った相手に対して被害者感情を持ち、相手に対する憎悪を膨れ上がらせたと考えられています。

大分一家6人殺傷事件の犯人は、冷静で計画的な面と、幼稚でいい加減な面があります。「思春期の不安定な心」や「家庭環境によって不安定になった心」の影響により、アンバランスな犯行になったと推察できます。

大分一家6人殺傷事件の犯人は「真面目」「いい子」と言われていた

出典:PhotoAC

少年は、家族と過ごす時間が少なく、一緒に過ごしたとしても「突然怒り出す恐ろしい父親」と「いつ居なくなるかわからない母親」では、自分の感情を表情や態度で表すのは難しい環境だったといえます。

少年の評判は、集落でも学校でも「真面目」や「いい子」といった良い印象でした。環境によって、自分の感情を隠す習慣がついてしまった少年の姿は、大人が見ると「大人しい、いい子」に見えたのかもしれません。

真面目な人だからこそ限度を超えた攻撃をしてしまい、一気に凶悪な犯罪にまで至ってしまう場合があります。少年も「真面目」だからこそ、大分一家6人殺傷事件という残忍な事件を起こしたのかもしれません。

小学生の時は新聞配達のバイトもしていた

meineresterampe / Pixabay

少年は、小学5年生の頃から新聞配達のアルバイトをしていました。配達の担当地域は自分の住んでいる集落(都原)でした。平成の世の中では、小学生の配達員はあまり見かけない珍しい存在です。

24戸の小さな集落での配達とはいえ、両親が揃って働いており、兄弟が多いわけでもなく、特殊な事情も見受けられない一般家庭で育った平成の小学生が、自分から「新聞配達をしたい」と言うでしょうか。

『強制的に働かされ、家計費を稼いでいた』『自発的に働き、小遣いを稼いでいた』どちらの場合であっても、「一般的とは言い難い家庭環境」だったことが伺えます。

高校の時同級生とトラブルがあり学校を休むように

出典:PhotoAC

高校に入学した少年は野球部に入部しましたが、4月のうちに退部しています。その後は不良グループと一緒に行動するようになり、髪を染め、ピアスもするようになりましたが、親に怒られたため、すぐにやめています。

5月の末、不良グループ内での立ち位置が低かったため「いじめ」のような暴力を含んだ遊びで諍いが起こります。少年が学校に報告したために双方の親が介入し、不良生徒の親が少年に謝罪して表面的には収束しました。

諍いの時にとった少年の行動は、級友達からの反感をかいました。6月に少年は、「学校をやめたい」と親を通して担任に伝えています。幾度の担任の説得により「もう少し頑張ってみる」と返答し、夏休みを迎えました。

不本意な進路の末に非行に走るが根は素直なままだった

出典:PhotoAC

少年は、中学生の時に授業で学んだコンピューターのグラフィックに関わる職業に興味を持ち、大分市内にある専門学科の豊富な県立高校に進学を希望していました。

高校の進学は、「成績が及ばなかった」「親に反対された」などの理由により希望が叶わず、地元にある野津高校の普通科に進学しました。少年にとっては、不本意な進路だったといえます。

ラジオ体操中に煙草を吸おうとしたことが1度だけありましたが、「煙草を吸うなとは言わんけど、小さい子の前で煙草はいかんよね」と、子どもの保護者が止めると、少年は素直に頷き、2度と煙草は出しませんでした。

NEXT ホラービデオ鑑賞が唯一の楽しみだった