ホウボウの捌き方をご紹介!料理と食べ方も!

頭を落とすときのポイント

エラの付け根から少しだけ間を空けて包丁を入れると、エラまわりの硬い骨に当たらずに、すんなりと切ることができます。

頭を落とすときの注意点

刃先を垂直に立てて頭を切り落とす際は、卵などの内臓をつぶさないように、中骨に沿った部分まで切るようにしましょう。

ホウボウの捌き方をご紹介④おなかを開く

残った内臓をキレイに取り除くためにお腹に切り込みを入れて、開きます。これにもコツがあるのでしっかりチェックしましょう。ここでの作業を怠ると、生臭くなってしまいますので丁寧に処理します。

おなかを開く

頭側から先ほど切れ目を入れたところに向かって包丁の刃を外側にして腹に刃を差し込み、開いていきます。この時に頭側を手前に引くようにして切ります。

おなかを開くときのポイント

腹に卵があった場合は、破かないよう慎重に卵と腹の間に包丁を入れて、大事に内臓を取り出しましょう。この時に卵と背骨と間の腹膜を引き剥がすように切ると、破かずに綺麗に取り出すことができます。

おなかを開いたら水洗いしよう

お腹を切って開いたら、中に残っている内臓などをしっかり取り除き、流水で洗います。中骨にところどころついている血合いも綺麗に指やブラシなどを使って、流しましょう。水道水で流した後に、3%の塩水に氷を入れたものの中で洗うと、後々の臭みを抑えることができます。洗った後は、キッチンペーパーなどでしっかり水分を拭き取ります。

ホウボウの捌き方をご紹介⑤三枚におろす

ここまで出来たら、後は食べやすく三枚におろすだけです。コツを掴めばどんな魚でもキレイに三枚におろすことができます。慣れないうちは身を破かないように慎重に切っていきましょう。

三枚におろす

お腹の切り口から尻ビレにかけてゆっくり切ります。まずは軽く皮に切り込みを、次は中骨の中間あたりまで切り込みを、最後に背骨に当たるように刃を入れるイメージで切り込みます。次に反対にし、また尾びれから背びれにかけて先ほどと同じ要領で切っていきます。

最後に、尾びれの部分に包丁を入れ、背骨に当たるところまで切り込み、頭側に向かって包丁をねかせて、身を切り落とします。反対側も同じ要領で切り落として、三枚おろしの完成です。

NEXT 三枚におろすときのポイント