世界記録10.12kgのブラックバスは琵琶湖で釣れた!衝撃の重さや大きさを動画でチェック!

餌釣り

まず釣りの基本は餌釣りです。バスの目に留まれば迷わずバイトしてきますが、なるべくブラックバスの生息している領域にあるものと同じ種類の餌を使うようにすると効果的です。例えば、エビが多い水域はエビを使い、ワカサギが多いところではワカサギ等の小魚を使うといった感じです。

ルアー釣り

ゲームフィッシングとして不動の人気を誇るのがルアー釣りです。やはり生息域によくいる小魚と似たような見た目のルアーが良いです。スモールマウスバスは小刻みに素早くルアーを動かし、たまに完全停止させてみたり、ラージマウスやフロリダバスは影になっている部分に投げ込むと良いです。

フライ・フィッシング

水面近くでの豪快なバイトがとてもエキサイティングです。ルアーや餌釣りと違い、重りが無いため通常のキャスティングでは遠くに届きません。フライラインという太めの糸を使用し、ロッドをムチのように大きく前後に繰り返し振り、フライラインで「ループ」というU字型を作りタイミングを見計らって狙ったところに落とします。

ブラックバスの世界記録の大きさは!?

ゲームフィッシュとして人気が高いブラックバスですが、大物もかなり多く釣れています。琵琶湖では73.5cmのモンスターバスが釣り上げられています。これはIGFA(国際ゲームフィッシュ協会)にて正式に認定された最高記録です。ネット上では更に大物の写真など諸説出回っておりますが、IGFAが認めないと公式記録とはなりません。

世界最大のブラックバスはどうやって釣れた?

琵琶湖で日本人が釣り上げた世界最大のブラックバスは、25cmの生きたブルーギルを使用した泳がせ釣りによって叩き出された記録です。体長は1935年に82.5cmのものが釣られていますが、世界記録は重量ベースであるため、日本人が釣り上げたものが現在世界最高記録です。

もっと大きいバスの記録はないの?

琵琶湖で漁師の網に掛かったもので、体長がなんとの1m超えの超巨大バスが確認されています。ですがIGFAでは、あくまで釣竿で釣り上げられたものになります。その他の方法(ひっかけ釣り含む)では認定されません。IGFAの厳しい認定を経てはじめて、公式記録として認められるのです。

餌釣りだと大物を釣りやすい?

端的にいうと、エサのほうが簡単にブラックバスは釣れます。競技大会でない限り、バス釣りにエサを使用してはいけないという決まりは無いため、初心者にオススメです。ただ、個体の大小問わず食いつくようになるため、相対的に大物が当たる確率は減る場合があります。

ブラックバスの世界記録の重さは!?

現在、世界最高記録として正式に認定されているブラックバスは2009年7月2日に琵琶湖で釣られたものになります。それまでは、1932年6月2日にアメリカのジョージア州で釣り上げられたものが最高でしたが、ついにこの記録が日本で塗り替えられたのです。

NEXT 平均的なブラックバスの重さは?