八百比丘尼の伝説をもとに不老長寿を考える。日本の人魚も紹介

八百比丘尼に見る不老長寿の意義を考える

Pavlofox / Pixabay

古来から世界中の権力者たちが追い求めた不老長寿や不老不死。八百比丘尼の場合、知らずに人魚の肉を口にしてしまったために意図せずそれを手に入れてしまったわけですが、はたして幸せだったのでしょうか。

冒頭の解説にも書いたように、不老長寿になることは大切な人、愛する人が年老いて亡くなっていく姿を何度も見ていくことになります。少なくとも意図せずその力を手に入れてしまった彼女にとっては、村人に疎まれ尼になり村を出てしまったことを見ても幸せなことではなかったのでしょう。

ヨーロッパの人魚

music4life / Pixabay

日本の一番古い記録に出てくる人魚は、顔が人間に似たどちらかというと人面魚のような容姿だったのは前述の通りです。それに対しヨーロッパの伝説に出てくるものは、上半身が人間で下半身が魚という現代のわたくし達に馴染みの深い容姿だったようです。

そしてその肉を口にすることによって、不老長寿や不老不死になるといったような話も伝わっていません。では、ヨーロッパに伝わる人魚はどのような存在だったのでしょうか。伝説からもう少し詳しく見てみましょう。

ローレライの伝説

Mysticsartdesign / Pixabay

日本でも比較的馴染みのある伝説で、名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ドイツのライン川に現れる美しい人魚で、その歌声で通りかかる船の漁師を惑わし死に導くというような伝説です。もとは実らぬ恋に絶望しライン川に身を投じて亡くなった乙女が、水の妖精となって現れたものだと言われています。

メロウの伝説

thefairypath / Pixabay

こちらはアイルランドに伝わる民話に出てくる半魚人です。ローレライのように人を死に導くといった恐ろしい存在ではなく、人間と婚姻することもあったようです。緑色の髪を持ち、男性の人魚も存在するのが他の伝説とは異なっています。人と結婚して子供をつくることがあるものの、帰巣本能のためか何年かすると海に戻ってしまったようです。

不死の存在と言われる吸血鬼伝説の発祥は?

Pexels / Pixabay

ヨーロッパを中心に伝わる民話や伝説に出てくる吸血鬼も、不死の存在と言い伝えられています。吸血鬼は一度死んだ人間が何らかの理由で蘇った姿とされ、生きている人間の血を栄養源として吸い生き続けます。これらの伝説は古くからあり、古代ギリシアや古代バビロニアの時代にはすでに存在していたと言われています。

伝説の発祥には諸説あり、カタレプシー(蝋屈症)になった人間を死んだと信じ埋葬したももの、棺桶の中で蘇生してきたのを見たのが不死の存在の噂になったという説があります。他にも当時流行したペストに感染したネズミを吸血したノミが、人を吸血することにより人々の間に蔓延していったことから噂になったなどという説もあります。

今も生きているのであれば八百比丘尼は何を考えているのか?

geralt / Pixabay

故郷の村を出た後、諸国をまわり貧しい人々を救いながら巡り巡って800歳になったころ故郷に戻ってきた八百比丘尼。そこで入定したと言われていますが、もし現在も生き続けていたとしたらどんな気持ちでいるのでしょうか。

もし今もなお若さと美貌を保って生きていたとしても、まわりの人々が寿命を全うし亡くなっていくなかで自分だけが取り残されていく気持ちに耐えられず、人と接することのない生活を送っているのではないでしょうか。もし不老長寿が手に入るとしたら、あなたならどうしますか?

サンジェルマン伯爵に関する記事はこちら

中国に古くから伝わる不老不死の太歳に関する記事はこちら